アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201411/5

名嘉睦稔木版画展 / 作品紹介「花屋敷」

hanayashikiこんにちは。Island Galleryスタッフのりえです。只今、開催中の名嘉睦稔木版画展「こころに渡る風 南島の風景」より展示作品『花屋敷』のご紹介です。
煌びやかな海の世界を描いた今年彫られたばかりの新作です。「原点に戻り、自分の基本である景色の珊瑚を描きたい」と言っていたボクネンさん。記憶の中にあるのは生命の色が溢れる海の森です。珊瑚について語ったボクネンさんのインタビューをご紹介します。

サンゴが多様な魚たちを育んでいるんだよね。南の海っていうのは海そのものに栄養はあまりなくて、栄養があるわけじゃないからサンゴも様々な形で棲み分けをしている。魚も少ない栄養を、うまい具合に太陽というエネルギーを利用しながら棲み分けて、種類を増やすことによって、みんな生きる方法を見出しているんだよね。
同じテーブルサンゴの中で、場所を変えたり、自分の姿を変えたりすることで、餌のとり方を変えてみんなで生きあっている。多様さの中に人類も民族を越えて、宗教を越えて、人々が生きる方法のヒントが隠されているような気がするね。海ではああいうことが行なわれているわけだから、我々、地球全体もうまい具合に地球という共有の家を協力し合って共生できるはずだよね。 名嘉睦稔(ラジオインタビューより抜粋)

+名嘉睦稔木版画展 / こころに渡る風 南島の風景 11月1日[土]-16日[日]

▶名嘉睦稔オンラインギャラリー
Online Gallery BOKUNEN NAKA

 
▶2015年名嘉睦稔木版画カレンダー
2015年 名嘉睦稔木版画カレンダー

  • 名嘉睦稔木版画展 / 作品紹介「花屋敷」 はコメントを受け付けていません。
  • ETC

関連記事

コメントは利用できません。

20176/21

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Cera / Caccamo』

色の見え方は瞳の色で違うのだろうか。 ジョバンニの写真はどれもが、日本人の仕上げ方とは違うように思う。 このブルーとピンクの絶妙な色彩は…

20176/23

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Timo / Ulassai』

ジョバンニの生まれ島であるサルデーニャの絶景。イタリアでも屈指の美しい島だと言う。目の前の風景とじっくり対話をしながら、そして一瞬の煌めきを…

20176/20

日本とイタリアの架け橋になりたい。 / Giovanni Piliarvu

日本とイタリアの架け橋になりたいと語るジョバンニ。 現在、イタリアの生まれ島サルデーニャで、日本をテーマにした個展を開催している。そしてI…

20176/18

現在最高レベルのオリジナルプリント / Giovanni Piliarvu

今展では A2サイズを中心に展示していますが、ここに写っている4点は A1サイズという割りと大きなプリントをしました。A2以上の作品になると…

20176/25

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念

生まれた場所が大気の流れや潮のみちひなど、ダイナミックな自然に囲まれていた。そうした巨大な力は、神が起こすものだと教わって育ちました。大人に…

ページ上部へ戻る