アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201411/5

名嘉睦稔木版画展 / 作品紹介「花屋敷」

hanayashikiこんにちは。Island Galleryスタッフのりえです。只今、開催中の名嘉睦稔木版画展「こころに渡る風 南島の風景」より展示作品『花屋敷』のご紹介です。
煌びやかな海の世界を描いた今年彫られたばかりの新作です。「原点に戻り、自分の基本である景色の珊瑚を描きたい」と言っていたボクネンさん。記憶の中にあるのは生命の色が溢れる海の森です。珊瑚について語ったボクネンさんのインタビューをご紹介します。

サンゴが多様な魚たちを育んでいるんだよね。南の海っていうのは海そのものに栄養はあまりなくて、栄養があるわけじゃないからサンゴも様々な形で棲み分けをしている。魚も少ない栄養を、うまい具合に太陽というエネルギーを利用しながら棲み分けて、種類を増やすことによって、みんな生きる方法を見出しているんだよね。
同じテーブルサンゴの中で、場所を変えたり、自分の姿を変えたりすることで、餌のとり方を変えてみんなで生きあっている。多様さの中に人類も民族を越えて、宗教を越えて、人々が生きる方法のヒントが隠されているような気がするね。海ではああいうことが行なわれているわけだから、我々、地球全体もうまい具合に地球という共有の家を協力し合って共生できるはずだよね。 名嘉睦稔(ラジオインタビューより抜粋)

+名嘉睦稔木版画展 / こころに渡る風 南島の風景 11月1日[土]-16日[日]

▶名嘉睦稔オンラインギャラリー
Online Gallery BOKUNEN NAKA

 
▶2015年名嘉睦稔木版画カレンダー
2015年 名嘉睦稔木版画カレンダー

  • 名嘉睦稔木版画展 / 作品紹介「花屋敷」 はコメントを受け付けていません。
  • ETC

関連記事

コメントは利用できません。

20174/14

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 三景』

本日初日の『宮沢和史詩写真展 琉宮百景』は大盛況です。朝から途絶えること無く、多くの方にご来廊頂きました。さて、その中でも一番人気の作品『琉…

20174/15

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 二十景』

日本では最大級の蝶であるオオゴマダラが、二羽で寄り添うように舞っている。 そんな情景から、以下の琉歌が詠まれました。 三十景の琉歌のうち…

坂崎幸之助書写真展 / 50年目のギター

中学入学と同時に、それまで貯めていた小遣いを握りしめて銀座のYAMAHAに向かった。初めての僕のギターを手に入れるために。それまでにも何とな…

20174/20

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 二十四景』

あまりたくさんの作品紹介をしてしまうと、来廊してくれた人の楽しみが半減するといけませんので、これで最後にいたします。 さて、来廊してくださ…

20174/18

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 九景』

やはり琉歌と写真の組み合わせだからなのでしょうか。みなさまの滞在時間がとても長いのが今展の特徴です。ひとつひとつの作品に向き合い、琉歌をじっ…

ページ上部へ戻る