アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20159/13

自然写真家の高砂淳二さん来廊の巻

自然写真家の高砂淳二さんが駆けつけてくれました。今まではIsland Galleryの店長と写真家と言う立場でしたが、これからは写真家と写真画家ということになります。偉大な大先輩に、色々と貴重なお言葉もかけていただいたようです。

さて高砂淳二さんには、来年あたりに個展を開催していただけるようにオファーも入れました。そして、おかげさまで安斉紗織の個展も大盛況のうちに終えることができました。
みなさま、沢山の応援をありがとうございました。

関連記事

コメントは利用できません。

20176/18

現在最高レベルのオリジナルプリント / Giovanni Piliarvu

今展では A2サイズを中心に展示していますが、ここに写っている4点は A1サイズという割りと大きなプリントをしました。A2以上の作品になると…

20176/20

日本とイタリアの架け橋になりたい。 / Giovanni Piliarvu

日本とイタリアの架け橋になりたいと語るジョバンニ。 現在、イタリアの生まれ島サルデーニャで、日本をテーマにした個展を開催している。そしてI…

20176/25

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念

生まれた場所が大気の流れや潮のみちひなど、ダイナミックな自然に囲まれていた。そうした巨大な力は、神が起こすものだと教わって育ちました。大人に…

20176/23

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Timo / Ulassai』

ジョバンニの生まれ島であるサルデーニャの絶景。イタリアでも屈指の美しい島だと言う。目の前の風景とじっくり対話をしながら、そして一瞬の煌めきを…

20176/21

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Cera / Caccamo』

色の見え方は瞳の色で違うのだろうか。 ジョバンニの写真はどれもが、日本人の仕上げ方とは違うように思う。 このブルーとピンクの絶妙な色彩は…

ページ上部へ戻る