アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201610/3

作品紹介 / 柴田祥『ノスタルジア』

今展のクレジットに『協力 津軽鉄道株式会社』が追加された。昨今の撮り鉄さんたちの行き過ぎた撮影方法、マナーなどが問題視されている中、しっかり許諾を得ての個展となったのはとても良いことだと思う。
※売り上げの一部は津軽鉄道へ寄付されます。

さてこの作品、ノスタルジックな印象と、あの『銀河鉄道999』から、宇宙まで感じさせるなんともロマンチックな一枚だ。そしてこれは現役のストーブ列車だそうだ。祥さんの作品を見ていると、もう今年の冬には津軽に行かねば、なんて気持ちになってしまうこと必至である。 / Hideo Ishijima

柴田 祥 写真展『津鉄』
会  期 10月1日[土]-10日[月・祝] 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1
     phone / 03-3517-2125
協  力 津軽鉄道株式会社
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity
     フランス菓子 エリティエ
     EIZO株式会社

※作家在廊日 / 10月1日(土)・2日(日)・8日(土)・9日(日)・10日(月)

  • 作品紹介 / 柴田祥『ノスタルジア』 はコメントを受け付けていません。
  • ETC

関連記事

コメントは利用できません。

藪崎次郎 写真展『1/f Signals』

時に天から雨となり、優しく大地へ降り注ぐ。 時に湧き出で滝となり、優雅に谷を駆け下りる。 時に緩やに渓となり、静かに海へ満ち伝う。 時…

20186/12

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Arrossend_Amaharashi』

こんにちは。Island Galleryスタッフの麻衣です。 現在好評開催中のGiovanni Piliarvu 写真展『Fluire…

斎藤朱門 写真展『流転する風景 / PROTEAN WORLD』

『I believe the world is incomprehensibly beautiful - an endless pros…

20186/11

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『 Vegliando_Palau 』

こんにちは。Island Galleryスタッフのりえです。東京は雨模様ですが、道端の紫陽花がきれいな季節となりました。さて、只今、Giov…

20186/15

ただいまIsland Galleryに在廊中 / Giovanni Piliarvu

日本に来て12年。日常はイタリア語の先生をしながら、写真家としても精力的に活動している。過去2回の個展では、イタリアを中心にヨーロッパの美し…

ページ上部へ戻る