アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201610/8

作品紹介 / 柴田祥『哀愁尾灯』

津軽鉄道の秋。タイトルの通り実に哀愁を帯びている。祥さんはいわゆる一般的な鉄道写真家とはちょっと異なるように思う。思いっきり鉄道写真に拘っているのではなく、津軽で暮らす人たちの日常を叙情的に記録しているのだ。そしてこれはただの記録だけではなく、アートとして作品にまで昇華させているのが素晴らしい。
本日より最終日の10日[月・祝] まで、終日作家在廊しています。ぜひ、Island Galleryにご来廊ください。 / Hideo Ishijima

※売り上げの一部は津軽鉄道へ寄付されます。

柴田 祥 写真展『津鉄』
会  期 10月1日[土]-10日[月・祝] 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1
     phone / 03-3517-2125
協  力 津軽鉄道株式会社
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity
     フランス菓子 エリティエ
     EIZO株式会社

※作家在廊日 / 10月8日(土)・9日(日)・10日(月)

  • 作品紹介 / 柴田祥『哀愁尾灯』 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

20176/20

日本とイタリアの架け橋になりたい。 / Giovanni Piliarvu

日本とイタリアの架け橋になりたいと語るジョバンニ。 現在、イタリアの生まれ島サルデーニャで、日本をテーマにした個展を開催している。そしてI…

20176/18

現在最高レベルのオリジナルプリント / Giovanni Piliarvu

今展では A2サイズを中心に展示していますが、ここに写っている4点は A1サイズという割りと大きなプリントをしました。A2以上の作品になると…

20176/20

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念

生まれた場所が大気の流れや潮のみちひなど、ダイナミックな自然に囲まれていた。そうした巨大な力は、神が起こすものだと教わって育ちました。大人に…

Giovanni Piliarvu 写真展 Isole

遠い島、古い島。島の風はいにしえの話を語って、岩肌を刻んで波を動かす。 シチリアとサルデーニャの静かな物語が風景の上に舞い降りると、 …

20176/21

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Cera / Caccamo』

色の見え方は瞳の色で違うのだろうか。 ジョバンニの写真はどれもが、日本人の仕上げ方とは違うように思う。 このブルーとピンクの絶妙な色彩は…

ページ上部へ戻る