アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201610/8

作品紹介 / 柴田祥『哀愁尾灯』

津軽鉄道の秋。タイトルの通り実に哀愁を帯びている。祥さんはいわゆる一般的な鉄道写真家とはちょっと異なるように思う。思いっきり鉄道写真に拘っているのではなく、津軽で暮らす人たちの日常を叙情的に記録しているのだ。そしてこれはただの記録だけではなく、アートとして作品にまで昇華させているのが素晴らしい。
本日より最終日の10日[月・祝] まで、終日作家在廊しています。ぜひ、Island Galleryにご来廊ください。 / Hideo Ishijima

※売り上げの一部は津軽鉄道へ寄付されます。

柴田 祥 写真展『津鉄』
会  期 10月1日[土]-10日[月・祝] 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1
     phone / 03-3517-2125
協  力 津軽鉄道株式会社
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity
     フランス菓子 エリティエ
     EIZO株式会社

※作家在廊日 / 10月8日(土)・9日(日)・10日(月)

  • 作品紹介 / 柴田祥『哀愁尾灯』 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

20181/23

宮沢和史さんご来廊の巻

本日、夕方に宮沢和史さんが来廊しました。額装された自身の作品を見るのは初めてなので、ひとつひとつを入念に鑑賞されていました。写真と琉歌(書)…

安斉紗織 彩色写真画展『 百花繚乱』

美しさ、和らぎ、祝福を与えてくれる花々。 ひとりひとり、一つ一つ、花開き、 羽ばたいてゆけますように、 想いをこめて絵筆を取りました。 安…

栗田ゆが 写真展『Sea Change』

一瞬を撮ることはできても永遠を撮ることはできない。ならば、せめて一晩だけでもよいから写真に残したい。 そう思って海に来た。やがて夜が明け日…

20182/7

プレミアムトーク / 宮沢和史 詩写真展『琉宮百景~光』

宮沢和史氏のプレミアムトークが先日開催されました。ご参加されたみなさま、ありがとうございました。1時間があっという間に感じられたのではないで…

20181/26

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景~光 二十七』

展示作品よりご紹介いたします。 ~琉歌~ いづれ視野は暮れ 滅びゆく世界 君の声だけが 闇の手引き   ~よみがな~ いづれ…

ページ上部へ戻る