アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201610/8

作品紹介 / 柴田祥『哀愁尾灯』

津軽鉄道の秋。タイトルの通り実に哀愁を帯びている。祥さんはいわゆる一般的な鉄道写真家とはちょっと異なるように思う。思いっきり鉄道写真に拘っているのではなく、津軽で暮らす人たちの日常を叙情的に記録しているのだ。そしてこれはただの記録だけではなく、アートとして作品にまで昇華させているのが素晴らしい。
本日より最終日の10日[月・祝] まで、終日作家在廊しています。ぜひ、Island Galleryにご来廊ください。 / Hideo Ishijima

※売り上げの一部は津軽鉄道へ寄付されます。

柴田 祥 写真展『津鉄』
会  期 10月1日[土]-10日[月・祝] 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1
     phone / 03-3517-2125
協  力 津軽鉄道株式会社
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity
     フランス菓子 エリティエ
     EIZO株式会社

※作家在廊日 / 10月8日(土)・9日(日)・10日(月)

  • 作品紹介 / 柴田祥『哀愁尾灯』 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

斎藤朱門 写真展『流転する風景 / PROTEAN WORLD』

『I believe the world is incomprehensibly beautiful - an endless pros…

20186/15

ただいまIsland Galleryに在廊中 / Giovanni Piliarvu

日本に来て12年。日常はイタリア語の先生をしながら、写真家としても精力的に活動している。過去2回の個展では、イタリアを中心にヨーロッパの美し…

藪崎次郎 写真展『1/f Signals』

時に天から雨となり、優しく大地へ降り注ぐ。 時に湧き出で滝となり、優雅に谷を駆け下りる。 時に緩やに渓となり、静かに海へ満ち伝う。 時…

20186/12

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Arrossend_Amaharashi』

こんにちは。Island Galleryスタッフの麻衣です。 現在好評開催中のGiovanni Piliarvu 写真展『Fluire…

20186/11

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『 Vegliando_Palau 』

こんにちは。Island Galleryスタッフのりえです。東京は雨模様ですが、道端の紫陽花がきれいな季節となりました。さて、只今、Giov…

ページ上部へ戻る