アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201611/2

作品紹介 / 名嘉睦稔『兼六園根上松』

名嘉睦稔の作品に用いられる裏手彩色木版画とは、黒1色の木版画に裏側から彩色を施し、表面ににじませる独特の技法だ。さて、このモノクロ作品、木版画部分の黒だけかと思いきや、よく見たら、薄っすら濃淡が付いた墨色が混ざっている。まるで超広角レンズで撮影されたかのような、思いっきりデフォルメされた大胆な構図だが、この墨色を入れることによって、光の加減や風の動きまでも感じられ、繊細さも表現されている素晴らしい作品だ。

さて今週末は、いよいよ沖縄からボクネンさんがやってくる。大自然そのもののような存在感のボクネンさんに、ぜひ会いにいらして下さい。 / Hideo Ishijima


▶名嘉睦稔木版画 | 兼六園根上松 (この作品は、こちらから作品の購入が出来ます。)

▶BOKUNEN Online Gallery

名嘉睦稔木版画展 日本彩景
会  期 2016年10月28日(金)-11月6日(日) 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1
     phone / 03-3517-2125
協  賛 フランス菓子 エリティエ


作家来廊サイン会
11月5日 16:00-18:30
11月6日 13:00-15:00 / 16:00-18:00
サインの対象は、オリジナル木版画とカレンダーの 大サイズと中サイズのみとなります。

関連記事

コメントは利用できません。

20191/11

彩色写真画家 安斉紗織と和ガラス

本日初日、彩色写真画家の安斉紗織が在廊しました。 3月に開催する個展のメインビジュアルとして、今回特別出品した新作の前で記念撮影。 …

[大阪] 宮沢和史詩写真展『Mi Buenos Aires Querido~我が愛しのブエノスアイレス~』

2018年11月に開催した『宮沢和史詩写真展~我が愛しのブエノスアイレス~』ですが、大阪でも開催が決定しました。 元THE BOOMの…

悠々春待 ゆうゆうとはるをまつ / Island Gallery

息吹と鼓動を感じる命の棲家、郷愁抱く情緒ある異国風景、優しく切り取られた日常の一瞬。それぞれの感性から生まれたぬくもりを感じるアートフォトを…

安斉紗織写真展『花花華華-HanaBana KaKa』

モノクロームの写真に手彩色を施す独自の技法『手彩色写真画』を追求している安斉紗織。過去五回の個展で着実にファンを獲得している、今話題の次世代…

20191/16

2019 Art Photography CALENDAR

アートフォト界のトップランナー 12人の写真家が綴る 珠玉の2019年カレンダー カレンダー仕様・特徴 壁掛け用の中綴じ…

ページ上部へ戻る