アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201611/2

作品紹介 / 名嘉睦稔『兼六園根上松』

名嘉睦稔の作品に用いられる裏手彩色木版画とは、黒1色の木版画に裏側から彩色を施し、表面ににじませる独特の技法だ。さて、このモノクロ作品、木版画部分の黒だけかと思いきや、よく見たら、薄っすら濃淡が付いた墨色が混ざっている。まるで超広角レンズで撮影されたかのような、思いっきりデフォルメされた大胆な構図だが、この墨色を入れることによって、光の加減や風の動きまでも感じられ、繊細さも表現されている素晴らしい作品だ。

さて今週末は、いよいよ沖縄からボクネンさんがやってくる。大自然そのもののような存在感のボクネンさんに、ぜひ会いにいらして下さい。 / Hideo Ishijima


▶名嘉睦稔木版画 | 兼六園根上松 (この作品は、こちらから作品の購入が出来ます。)

▶BOKUNEN Online Gallery

名嘉睦稔木版画展 日本彩景
会  期 2016年10月28日(金)-11月6日(日) 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1
     phone / 03-3517-2125
協  賛 フランス菓子 エリティエ


作家来廊サイン会
11月5日 16:00-18:30
11月6日 13:00-15:00 / 16:00-18:00
サインの対象は、オリジナル木版画とカレンダーの 大サイズと中サイズのみとなります。

関連記事

コメントは利用できません。

20176/20

日本とイタリアの架け橋になりたい。 / Giovanni Piliarvu

日本とイタリアの架け橋になりたいと語るジョバンニ。 現在、イタリアの生まれ島サルデーニャで、日本をテーマにした個展を開催している。そしてI…

20176/20

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念

生まれた場所が大気の流れや潮のみちひなど、ダイナミックな自然に囲まれていた。そうした巨大な力は、神が起こすものだと教わって育ちました。大人に…

20176/21

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Cera / Caccamo』

色の見え方は瞳の色で違うのだろうか。 ジョバンニの写真はどれもが、日本人の仕上げ方とは違うように思う。 このブルーとピンクの絶妙な色彩は…

20176/18

現在最高レベルのオリジナルプリント / Giovanni Piliarvu

今展では A2サイズを中心に展示していますが、ここに写っている4点は A1サイズという割りと大きなプリントをしました。A2以上の作品になると…

20176/17

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Bergamotto / Scicli』

今回の写真展は『Isole』イタリアの島々がテーマだ。そしてこれは現時点での一番人気作品となっている『Bergamotto / Scicli…

ページ上部へ戻る