アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20172/20

作品紹介 / 栗田ゆが『ETERNITY』

前ポストに続き、B1スクエアーという大判プリントで展示している、この『ETERNITY』。
長秒露光で鎮まりかえった海面と、夫婦岩を繋ぐしめ縄の存在感が実に見事だ。作品全体のトーンは控えめに仕上げられているが、よく見ると薄っすらピンクとグリーンを混ぜた現像方法は、栗田ゆがが今回試みているひとつだ。

本日も終日作家は在廊しています。平日の昼間は、比較的ゆっくりとご覧いただけます。ぜひ、この新たなる試みをご覧ください。 / Hideo Ishijima

栗田ゆが 写真展『失われた宇宙(そら)を求めて In Search of Lost Space』
会  期 2017年2月17日[金]-26日[日] 11:00-19:00
入場無料 会期中無休 作家全日在廊
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity
     EIZO株式会社

関連記事

コメントは利用できません。

坂崎幸之助書写真展 / マジカルミステリーアワー

夜は苦手だけど夜の入り口は嫌いではない。むしろ心魅かれる時間帯でもある。この短い時間を表す日本語には美しい言葉がたくさんある。「夕間暮れ」「…

20195/19

作品紹介 / 坂崎幸之助『ホタルは棲んでいないけど』

昨日から始まりました『坂崎幸之助書写真展 / マジカルミステリーアワー』。初日からたくさんの方にご来廊いただきました。本日も朝から賑わってい…

柴田 祥 写真展 / 津軽再考(再構)

この度、2019年5月に写真集「津軽再考」が出版となりました。 出版を記念しまして柴田祥写真展「津軽再考(再構)」を開催いたします。 2…

アキラ・タカウエ 写真展 コンセプチュアル・アーバンスケープⅡ

構造工学と景観理論に基づく論理的な「コンポジション」、 コンセプトが魅せる「都市風景の異空間表現」、 この対偶となる二つの世界が理想的に…

20195/20

作品紹介 / 坂崎幸之助『色っぽい一日だった』

一日のうちにほんの数分だけ訪れる美しい時間。 忙しい毎日を過ごしていると気が付かない。 こんな光景を見逃すなんてもったいないですよね。 …

ページ上部へ戻る