アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20174/18

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 九景』

やはり琉歌と写真の組み合わせだからなのでしょうか。みなさまの滞在時間がとても長いのが今展の特徴です。ひとつひとつの作品に向き合い、琉歌をじっくりと読み解きながら、鑑賞されています。
さて本日ご紹介するこの作品は、ほぼ普通の日本語なのですが、ほんの少しだけウチナーグチ(沖縄方言)が使われています。更に沖縄の古い文化を知らないと読み解けないかもしれません。そしてこれを女性スタッフに聞いても、明快にお答え出来るかどうか・・・(^^ゞ
とても艶っぽい歌であるということだけ、ここではお伝えしておきましょう。

text / Hideo Ishijima

~琉歌~
扉軋む音 しじま壊すなら
風のある晩に 参りたぼれ

宮沢和史 詩写真展『琉宮百景』~りゅうぐうひゃっけい~
会  期 2017年4月14日[金]-23日[日] 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity


プレミアムトークのお知らせ
作品を5万円以上ご購入いただいた全ての方を、プレミアムトークイベントにご招待いたします。

日 時 2017年4月30日[日]
14:00 start / 16:00 start (入れ替え制の2回を予定しています。)
会 場 Island Gallery


展覧会カタログ 2017.04
『宮沢和史 詩写真展 / 琉宮百景』の展示作品30点を全て収録しました。

A5横版 / 68ページ
作品収録数 30点
2,800円

関連記事

コメントは利用できません。

20176/20

日本とイタリアの架け橋になりたい。 / Giovanni Piliarvu

日本とイタリアの架け橋になりたいと語るジョバンニ。 現在、イタリアの生まれ島サルデーニャで、日本をテーマにした個展を開催している。そしてI…

20176/18

現在最高レベルのオリジナルプリント / Giovanni Piliarvu

今展では A2サイズを中心に展示していますが、ここに写っている4点は A1サイズという割りと大きなプリントをしました。A2以上の作品になると…

20176/20

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念

生まれた場所が大気の流れや潮のみちひなど、ダイナミックな自然に囲まれていた。そうした巨大な力は、神が起こすものだと教わって育ちました。大人に…

Giovanni Piliarvu 写真展 Isole

遠い島、古い島。島の風はいにしえの話を語って、岩肌を刻んで波を動かす。 シチリアとサルデーニャの静かな物語が風景の上に舞い降りると、 …

20176/21

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Cera / Caccamo』

色の見え方は瞳の色で違うのだろうか。 ジョバンニの写真はどれもが、日本人の仕上げ方とは違うように思う。 このブルーとピンクの絶妙な色彩は…

ページ上部へ戻る