アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20174/20

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 二十四景』

あまりたくさんの作品紹介をしてしまうと、来廊してくれた人の楽しみが半減するといけませんので、これで最後にいたします。
さて、来廊してくださった方は、気が付かれたかと思いますが、沖縄の風景にしては色が褪せているように感じるかもしれません。これは宮沢さんがあえて色彩の彩度を下げて作品を仕上げているためです。最近ではSNSなどで人気が出やすくするために、過度に彩度を上げる傾向にあるのですが、それとは真逆のアプローチです。
私も最初に拝見した時は、ん?っと感じましたが、添えられた琉歌とセットで鑑賞してみれば、なんともこれがしっくりきてしまうのです。そして時間が経つにつれて、更にその感覚は増していきます。誰にも似ていない『宮沢和史ワールド』をぜひIsland Galleryに足を運んでご覧ください。会期は今週の日曜日まで、あと三日間限りです。会期終了後には、プレミアムトークもあります。色々と話をしてみたいと思います。  / Hideo Ishijima

~琉歌~
引き潮の夕べ あなたへの思い
語りつくせずに 潮が満ちる

宮沢和史 詩写真展『琉宮百景』~りゅうぐうひゃっけい~
会  期 2017年4月14日[金]-23日[日] 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity


プレミアムトークのお知らせ
作品を5万円以上ご購入いただいた全ての方を、プレミアムトークイベントにご招待いたします。

日 時 2017年4月30日[日]
14:00 start / 16:00 start (入れ替え制の2回を予定しています。)
会 場 Island Gallery


展覧会カタログ 2017.04
『宮沢和史 詩写真展 / 琉宮百景』の展示作品30点を全て収録しました。

A5横版 / 68ページ
作品収録数 30点
2,800円

  • 作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 二十四景』 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

20176/18

現在最高レベルのオリジナルプリント / Giovanni Piliarvu

今展では A2サイズを中心に展示していますが、ここに写っている4点は A1サイズという割りと大きなプリントをしました。A2以上の作品になると…

20176/20

日本とイタリアの架け橋になりたい。 / Giovanni Piliarvu

日本とイタリアの架け橋になりたいと語るジョバンニ。 現在、イタリアの生まれ島サルデーニャで、日本をテーマにした個展を開催している。そしてI…

20176/21

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Cera / Caccamo』

色の見え方は瞳の色で違うのだろうか。 ジョバンニの写真はどれもが、日本人の仕上げ方とは違うように思う。 このブルーとピンクの絶妙な色彩は…

Giovanni Piliarvu 写真展 Isole

遠い島、古い島。島の風はいにしえの話を語って、岩肌を刻んで波を動かす。 シチリアとサルデーニャの静かな物語が風景の上に舞い降りると、 …

20176/20

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念

生まれた場所が大気の流れや潮のみちひなど、ダイナミックな自然に囲まれていた。そうした巨大な力は、神が起こすものだと教わって育ちました。大人に…

ページ上部へ戻る