アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20177/20

作品紹介 / 名嘉睦稔『供連』

こんにちは。関東も梅雨明け宣言があり、いよいよ本格的な夏となりました。蒸し暑い地上を払拭してくれるかのようなボクネン作品を紹介致します。

1991年に制作されました。大きなアオブダイと黄色いヘラヤガラが仲良く連れ添って泳いでます。南のサンゴ礁の海に生息する生き物の営みが活き活きと描かれています。ボクネンさんは子供の頃から大人に交じり、追い込み漁の手伝いをしていたそうです。す潜りで魚達を追い込みながら捕えるそうなのですが、このような色彩溢れた海を日頃より見ていたからこそ、思い描いたイメージだけで、写真をも超えた作品に彫れるんですね。 / staff miki


▶オンラインギャラリー / 供連

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念
前期 海の神
7 月11日(火)-7月25日(火)

後期 山の神
10月27日(金)-11月5日(日)

作家来廊日(決まり次第にご案内いたします。)

  • 作品紹介 / 名嘉睦稔『供連』 はコメントを受け付けていません。
  • ETC

関連記事

コメントは利用できません。

藪崎次郎 写真展『1/f Signals』

時に天から雨となり、優しく大地へ降り注ぐ。 時に湧き出で滝となり、優雅に谷を駆け下りる。 時に緩やに渓となり、静かに海へ満ち伝う。 時…

20186/11

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『 Vegliando_Palau 』

こんにちは。Island Galleryスタッフのりえです。東京は雨模様ですが、道端の紫陽花がきれいな季節となりました。さて、只今、Giov…

20186/15

ただいまIsland Galleryに在廊中 / Giovanni Piliarvu

日本に来て12年。日常はイタリア語の先生をしながら、写真家としても精力的に活動している。過去2回の個展では、イタリアを中心にヨーロッパの美し…

20186/12

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Arrossend_Amaharashi』

こんにちは。Island Galleryスタッフの麻衣です。 現在好評開催中のGiovanni Piliarvu 写真展『Fluire…

斎藤朱門 写真展『流転する風景 / PROTEAN WORLD』

『I believe the world is incomprehensibly beautiful - an endless pros…

ページ上部へ戻る