アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20177/22

作品紹介 / 名嘉睦稔『遊子水荷浦の段畑』

こんにちは。Island Galleryの新米スタッフの麻衣といいます。大好評の名嘉睦稔画業30周年を記念した木版画展『海山神謡』もいよいよ会期終了が迫って参りました。

名嘉睦稔といえば沖縄に因んだ作品が王道ですが、私がこの会期で心を奪われたのは、愛媛県の蜜柑畑が描かれた『遊子水荷浦の段畑』という作品です。鮮やかなオレンジとブルーのコントラストが美しく、梅雨のじっとりとした空気を一瞬で吹き飛ばしてくれる爽快感が画面いっぱいに溢れています。
段々畑は「耕して天に至る」と形容されるそうですが、大胆にデフォルメされたオレンジと黒の段々が青に登っていく様は、まさにその言葉通りだと思いました。山と海の恵みと人々の営みが合わさることで生まれたこの景色のなんと美しく贅沢なことか。ボクネンさんがどんな気持ちでご覧になり、作品にまで昇華されたのか。じっくりと向き合って考えたくなる、そんな味わい深い逸品です。

▶オンラインギャラリー / 遊子水荷浦の段畑

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念
前期 海の神
7 月11日(火)-7月25日(火)

後期 山の神
10月27日(金)-11月5日(日)

作家来廊日(決まり次第にご案内いたします。)

  • 作品紹介 / 名嘉睦稔『遊子水荷浦の段畑』 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

20191/16

2019 Art Photography CALENDAR

アートフォト界のトップランナー 12人の写真家が綴る 珠玉の2019年カレンダー カレンダー仕様・特徴 壁掛け用の中綴じ…

悠々春待 ゆうゆうとはるをまつ / Island Gallery

息吹と鼓動を感じる命の棲家、郷愁抱く情緒ある異国風景、優しく切り取られた日常の一瞬。それぞれの感性から生まれたぬくもりを感じるアートフォトを…

20191/11

彩色写真画家 安斉紗織と和ガラス

本日初日、彩色写真画家の安斉紗織が在廊しました。 3月に開催する個展のメインビジュアルとして、今回特別出品した新作の前で記念撮影。 …

安斉紗織写真展『花花華華-HanaBana KaKa』

モノクロームの写真に手彩色を施す独自の技法『手彩色写真画』を追求している安斉紗織。過去五回の個展で着実にファンを獲得している、今話題の次世代…

[大阪] 宮沢和史詩写真展『Mi Buenos Aires Querido~我が愛しのブエノスアイレス~』

2018年11月に開催した『宮沢和史詩写真展~我が愛しのブエノスアイレス~』ですが、大阪でも開催が決定しました。 元THE BOOMの…

ページ上部へ戻る