アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20179/7

作品紹介 / 山本高裕『二重奏』

その砂浜の一部は、上から見ると尖った形をしていて、その先に岩場があった。先端まで行くことも考えた。しかし、これから満潮を迎えるという時間帯だった。砂浜が海に沈んで、撮影終了時に戻ってこれなくなっては困る。僕は結局、両側が海の細い砂場に三脚を立て、波音の二重奏に耳を傾けることにした。そこにいるのは僕一人。贅沢な自然のコンサート。  / 山本高裕

こんにちは。Island Gallery店長の理恵です。現在、好評開催中の山本高裕写真展『空と海と僕と…』は残り4日の会期となりました。本日は、私のお気に入りの作品『二重奏』をご紹介します。
南房総・根本海岸で撮影されたこちらの作品は、空、波、光のコントラストがとても美しく、まるで自分を祝福していくれているかのようなあたたかさを感じます。「なぜタイトルが二重奏なんですか?」と山本さんにお伺いしたところ、「ここには写っていない反対側も実は海なんです。」と教えて下さいました。両側から波が異なるリズムを刻む特別な場所だったんですね。左右 7kmの海岸を独占して贅沢な自然のコンサートを楽しまれたそうです。お話を聞くとより情景が浮かび、作品に惹き込まれます。

今回は語り尽くせないほど、いろんなエピソードが作品ひとつひとつにあるのだそうです。一期一会の風景にこだわられて、同じ場所には行かないと決めて臨まれた撮影。
どの作品もとても新鮮で清らかな気持ちになるのは、山本さんがその風景に出逢ったときの純粋な感動が作品に込められているからかもしれません。

本日も山本さんが在廊され、14:00-17:00はギャラリートーク・ティータイムもございます。お飲み物を召し上がりながら、じっくりお話を伺えるチャンスですので、是非、足をお運びください。

山本高裕写真展 / 空と海と僕と…
会  期 2017年9月2日[土]-10日[日] open 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity
協  力 NiSi


作家在廊
9月2日(土)- 3日(日)
9月6日(水)-10日(日)

ギャラリートーク・ティータイム
作家在廊日の14:00-17:00は『ギャラリートーク・ティータイム』を開催します。午後のひとときを、ギャラリートークとティータイムで楽しみましょう。
参加自由 入場無料

関連記事

コメントは利用できません。

20186/11

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『 Vegliando_Palau 』

こんにちは。Island Galleryスタッフのりえです。東京は雨模様ですが、道端の紫陽花がきれいな季節となりました。さて、只今、Giov…

20186/15

ただいまIsland Galleryに在廊中 / Giovanni Piliarvu

日本に来て12年。日常はイタリア語の先生をしながら、写真家としても精力的に活動している。過去2回の個展では、イタリアを中心にヨーロッパの美し…

斎藤朱門 写真展『流転する風景 / PROTEAN WORLD』

『I believe the world is incomprehensibly beautiful - an endless pros…

20186/12

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Arrossend_Amaharashi』

こんにちは。Island Galleryスタッフの麻衣です。 現在好評開催中のGiovanni Piliarvu 写真展『Fluire…

藪崎次郎 写真展『1/f Signals』

時に天から雨となり、優しく大地へ降り注ぐ。 時に湧き出で滝となり、優雅に谷を駆け下りる。 時に緩やに渓となり、静かに海へ満ち伝う。 時…

ページ上部へ戻る