アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20179/20

作品紹介 / 柴田 祥『故郷』

こんにちは。Island Galleryスタッフの水絵です。柴田祥写真展『津軽再考』は本日5日目。展示作品の中から、私のお気に入りの作品をもう一度紹介させていただきます。

『故郷』は、雪原の中に立つ1本の樹を捉えた1枚。画面はほとんど雪に覆われて、白い背景に家並がかすかに見えています。そこがなんという場所なのか、一見しただけではわかりません。けれど、キャプションの文章や、作品の背景を知らないまま鑑賞していても、どこか懐かしいような、あたたかいような印象を覚えます。実はこの作品、展示作品の中で唯一、作家のふるさとである旧南津軽郡碇ヶ関村の風景を写しています。「津軽」を捉えた今展示は、作家にとってただ「ある地域の風土記」に留まるものではなく、「故郷の風景」を捉えたものである、ということが伝わってくる素敵な1枚です。

白と黒で描き出される津軽の冬の鮮烈さも今展示の魅力ですが、雪の上に浮かぶ淡い影の階調や、雪を纏って花を咲かせたように見える木々の枝ぶりのうつくしさは、オリジナルプリントで目にすると、息を飲むような繊細さです。ぜひ、ギャラリーでじっくりお楽しみいただければと思います。皆様のご来廊をお待ちしております。

柴田 祥 写真展 / 津軽再考
会  期 2017年9月16日[土]-24日[日] open 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1
     phone / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity


作家在廊日
9月16日(土)・17日(日)・18日(月)・23日(土)・24日(日)

関連記事

コメントは利用できません。

20182/19

ギャラリースタッフ募集(画廊求人) / Island Gallery

Island Galleryで一緒に働いてみませんか? アート・写真が好きで、新しい可能性にチャレンジしたい方のご応募をお待ちしています。…

20185/21

作品紹介 / 坂崎幸之助『ここが僕の街』

まるでアニメ映画のワンシーンを彷彿させるような一枚。タイトルの通り、新宿の高層ビル群を望む坂崎邸からのカットだそうです。ゆるやかでやさしい風…

20185/25

作品紹介 / 坂崎幸之助『自玉・塔玉・金猫・玉玉』

坂崎幸之助書写真展は毎回メインテーマとサブテーマがあります。 今回は『憂き世に浮き玉』。 上原ゼンジ氏考案の宙玉レンズにおん…

Giovanni Piliarvu 写真展『Fluire~時の流れ』

遠い異国の地に思いを巡らせる時 今いる国との大きな違いを思い浮かべる けれども自然と人間の関係は変わらない 自然から恩恵を受け一緒に生…

20185/22

作品紹介 / 坂崎幸之助『短く終わった恋』

ふわっとしたロマンチックでハイキーな仕上げに、添えられた書がなんとも切ないですね。もうそのまま歌の詩になりそうです。 / Hideo Ish…

ページ上部へ戻る