アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20179/21

写真家 柴田 祥

私が初めて柴田祥と出会ったのは確か2014年の正月だ。自分の車で北海道まで行った帰りに、弘前で一泊をした時だった。ネット上で知り合ったのだが、当時は特に目立った存在ではなかったように思うが、私にとってはかなり心惹かれる写真を撮る人だった。
その後彼は、世界的フォトコンテストなどに挑戦をし、すぐに頭角を表すことになり、日本の老舗フォトコンテストでもそれなりに評価をされた。一通り挑戦をしてみて彼なりの判断で、現在はフォトコンテストなどにはあまり興味が無いらしい。実に彼らしいなと思う。

さて、Island Galleryとの繋がりは、まず登竜門的存在の『三人写真展』に参加をお願いしたことから始まった。そこでもしっかり存在感を示していたので、私はすぐに個展開催へオファーをさせていただいた。
個展も三回目を数える本展だが、モノクロームに統一されて研ぎ澄まされた画面からは、生まれた場所『津軽』への畏敬の念が写し出されているように思う。おそらく今回のテーマである『津軽』は、彼のライフワークとして、ずっと撮り続けてゆくのだろう。

この週末の土日には、青森から作家もやってくる。是非、素晴らしいオリジナルプリントを実際に見ていただきたい。/ Hideo Ishijima

柴田 祥 写真展 / 津軽再考
会  期 2017年9月16日[土]-24日[日] open 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1
     phone / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity


作家在廊日
9月16日(土)・17日(日)・18日(月)・23日(土)・24日(日)

  • 写真家 柴田 祥 はコメントを受け付けていません。
  • ETC

関連記事

コメントは利用できません。

20185/22

作品紹介 / 坂崎幸之助『短く終わった恋』

ふわっとしたロマンチックでハイキーな仕上げに、添えられた書がなんとも切ないですね。もうそのまま歌の詩になりそうです。 / Hideo Ish…

藪崎次郎 写真展『1/f Signals』

時に天から雨となり、優しく大地へ降り注ぐ。 時に湧き出で滝となり、優雅に谷を駆け下りる。 時に緩やに渓となり、静かに海へ満ち伝う。 時…

20185/21

作品紹介 / 坂崎幸之助『ここが僕の街』

まるでアニメ映画のワンシーンを彷彿させるような一枚。タイトルの通り、新宿の高層ビル群を望む坂崎邸からのカットだそうです。ゆるやかでやさしい風…

Giovanni Piliarvu 写真展『Fluire~時の流れ』

遠い異国の地に思いを巡らせる時 今いる国との大きな違いを思い浮かべる けれども自然と人間の関係は変わらない 自然から恩恵を受け一緒に生…

20185/25

作品紹介 / 坂崎幸之助『自玉・塔玉・金猫・玉玉』

坂崎幸之助書写真展は毎回メインテーマとサブテーマがあります。 今回は『憂き世に浮き玉』。 上原ゼンジ氏考案の宙玉レンズにおん…

ページ上部へ戻る