アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20182/28

作品紹介 / 安斉紗織『氷花』

こんにちは。IslandGalleryスタッフの麻衣です。
現在開催中の安斉紗織写真画展『百花繚乱』の中から、わたしの一番好きな作品を紹介させていただきます。

青い薔薇が一輪、大きく描かれた『氷花』は大胆な構図でありながら、繊細なブルーの色合いが美しく、ずっと見つめていたくなる不思議な魅力を湛えた作品です。手彩色の醍醐味である筆あとの質感は、咲き誇る薔薇に力強い生命を与え、永遠に褪せない高貴な輝きを放っています。

実はこの作品は作者が彩色を仕上げていた際に、羽生結弦選手が金メダルを獲得したというエピソードがあります。「夢かなう」という青薔薇の花言葉が、偶然か必然か、ぴたりと当てはまる考え深い作品です。

会期は3月4日[日]までとなっております。季節よりも一足早くギャラリーに咲き誇る花々を、どうぞご覧になりにいらしてください。

安斉紗織 彩色写真画展『 百花繚乱』
会  期 2018年2月23日[金]-3月4日[日] 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity

関連記事

コメントは利用できません。

20191/11

彩色写真画家 安斉紗織と和ガラス

本日初日、彩色写真画家の安斉紗織が在廊しました。 3月に開催する個展のメインビジュアルとして、今回特別出品した新作の前で記念撮影。 …

20191/16

2019 Art Photography CALENDAR

アートフォト界のトップランナー 12人の写真家が綴る 珠玉の2019年カレンダー カレンダー仕様・特徴 壁掛け用の中綴じ…

安斉紗織写真展『花花華華-HanaBana KaKa』

モノクロームの写真に手彩色を施す独自の技法『手彩色写真画』を追求している安斉紗織。過去五回の個展で着実にファンを獲得している、今話題の次世代…

悠々春待 ゆうゆうとはるをまつ / Island Gallery

息吹と鼓動を感じる命の棲家、郷愁抱く情緒ある異国風景、優しく切り取られた日常の一瞬。それぞれの感性から生まれたぬくもりを感じるアートフォトを…

[大阪] 宮沢和史詩写真展『Mi Buenos Aires Querido~我が愛しのブエノスアイレス~』

2018年11月に開催した『宮沢和史詩写真展~我が愛しのブエノスアイレス~』ですが、大阪でも開催が決定しました。 元THE BOOMの…

ページ上部へ戻る