アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20183/1

作品紹介 / 安斉紗織『結花』

こんにちは。Island Gallery店長の理恵です。好評開催中の安斉紗織彩色写真画展「百花繚乱」の会期も本日を含めて、残り4日となりました。今回は本展で一番人気の私も大好きな作品『結花』をご紹介させていただきます。

白いお花のブーケを描いたこちらの作品は、とても繊細で清らかな印象を受けます。花びら一枚一枚の透き通った表現や、お花を束ねているリボンの細部まで、とても丁寧に着色されています。そっと寄り添ってくれるような優しさに溢れ、眺めていると安心感に包まれます。

今回が5回目となる紗織さんの個展ですが、回を増すごとに作品には普遍的な美しさが流れているように感じます。背景の黒とお花のコントラストがまるで宇宙の中に浮かび上がるように咲いているようで、なにか大きなエネルギーに惹き込まれていくような不思議な感覚があるのです。ぜひ、沢山の方にギャラリーで原画をご覧いただき、彩色写真画の魅力を味わっていただきたいなと思います。ご来廊お待ちしております。

安斉紗織 彩色写真画展『 百花繚乱』
会  期 2018年2月23日[金]-3月4日[日] 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity

関連記事

コメントは利用できません。

20185/22

作品紹介 / 坂崎幸之助『短く終わった恋』

ふわっとしたロマンチックでハイキーな仕上げに、添えられた書がなんとも切ないですね。もうそのまま歌の詩になりそうです。 / Hideo Ish…

20185/21

作品紹介 / 坂崎幸之助『ここが僕の街』

まるでアニメ映画のワンシーンを彷彿させるような一枚。タイトルの通り、新宿の高層ビル群を望む坂崎邸からのカットだそうです。ゆるやかでやさしい風…

藪崎次郎 写真展『1/f Signals』

時に天から雨となり、優しく大地へ降り注ぐ。 時に湧き出で滝となり、優雅に谷を駆け下りる。 時に緩やに渓となり、静かに海へ満ち伝う。 時…

Giovanni Piliarvu 写真展『Fluire~時の流れ』

遠い異国の地に思いを巡らせる時 今いる国との大きな違いを思い浮かべる けれども自然と人間の関係は変わらない 自然から恩恵を受け一緒に生…

坂崎幸之助書写真展 / ふわっと is this ~ハイキーな一日

フィルムで撮っていた時代の話しですが、露出オーバーのため出来上がった写真が真っ白にとんでしまうことがあった。当然これは意図的なものではなく単…

ページ上部へ戻る