アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20183/24

作品紹介 / 大塩貴文『失われたもの失われぬもの』

水没し立ち枯れた木の一部に新たな緑が芽吹いている。これは着生して偶然芽を出したのか、それとも立ち枯れたように見えるが、実は生きているのか。示唆的な何かを感じさせるこの一枚に心が動かされる。

小鳥王子として人気の写真家が、一年を通して小鳥たちが住む美しい森の水辺にフォーカスして試みた今展では、新たな挑戦が垣間見れる。ハイクオリティのオリジナルプリントを是非ギャラリーで体感してください。 / Hideo Ishijima

本日は17:00からオープニングレセプションも開催いたします。参加自由・入場無料になっています。みなさまのご来廊をお待ちしています。

大塩貴文写真展『始まりのほとり』
会  期 2018年3月23日[金]-4月1日[日] / 27日[火]は休廊
入場無料 11:00-19:00
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity


オープニングレセプション
3月24日[土] 17:00 Start
参加自由 入場無料

作家在廊日
3月23日(金)・24日(土)・25日(日)・31日(土)・4月1日(日)

  • 作品紹介 / 大塩貴文『失われたもの失われぬもの』 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

藪崎次郎 写真展『1/f Signals』

時に天から雨となり、優しく大地へ降り注ぐ。 時に湧き出で滝となり、優雅に谷を駆け下りる。 時に緩やに渓となり、静かに海へ満ち伝う。 時…

坂崎幸之助書写真展 / ふわっと is this ~ハイキーな一日

フィルムで撮っていた時代の話しですが、露出オーバーのため出来上がった写真が真っ白にとんでしまうことがあった。当然これは意図的なものではなく単…

Giovanni Piliarvu 写真展『Fluire~時の流れ』

遠い異国の地に思いを巡らせる時 今いる国との大きな違いを思い浮かべる けれども自然と人間の関係は変わらない 自然から恩恵を受け一緒に生…

20185/22

作品紹介 / 坂崎幸之助『短く終わった恋』

ふわっとしたロマンチックでハイキーな仕上げに、添えられた書がなんとも切ないですね。もうそのまま歌の詩になりそうです。 / Hideo Ish…

20182/19

ギャラリースタッフ募集(画廊求人) / Island Gallery

Island Galleryで一緒に働いてみませんか? アート・写真が好きで、新しい可能性にチャレンジしたい方のご応募をお待ちしています。…

ページ上部へ戻る