アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20183/26

作品紹介 / 大塩貴文『 ぽつりぽつり 』

こんにちは。Island Gallery店長の理恵です。桜を愛でながら歩く通勤路、あたたかな光を浴びて、春の訪れを感じました。さて、只今、大塩貴文写真展「始まりのほとり」を開催中です。本日は展示作品から『ぽつりぽつり』をご紹介します。

穏やかに広がる波紋に映る秋空の表情が美しく、詩的な印象を受けます。水の中からすくっと生えている木の生命力と、夢の中にいるんじゃないかと錯覚させられるような揺らいだ景色との対比が魅力的な作品です。大塩さんご自身もあまりの美しさに時を忘れてしまったとお話されていました。

本展では、これまでに大塩さんが表現してきた小鳥たちの住む清々しい森の世界とは違い、光と影を意識した風景写真に挑戦されています。
小さい頃に見聞きしてきた絵本の世界のはじまりは、どこか静かで時には怖さも感じながらこれからどんな事が起こるのだろうというワクワクしていた、そんな気持ちをいつまでも忘れたくない、そう語られていました。どこか全体を通してファンタジーを感じさせる空気は、そんな想いから創られているのかもしれません。

是非、ギャラリーで作品をご覧いただき、その感覚を沢山の方に味わっていただきたいなと思います。皆さまのご来廊をお待ちしております。

大塩貴文写真展『始まりのほとり』
会  期 2018年3月23日[金]-4月1日[日] / 27日[火]は休廊
入場無料 11:00-19:00
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity


作家在廊日
3月23日(金)・24日(土)・25日(日)・31日(土)・4月1日(日)

  • 作品紹介 / 大塩貴文『 ぽつりぽつり 』 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

藪崎次郎 写真展『1/f Signals』

時に天から雨となり、優しく大地へ降り注ぐ。 時に湧き出で滝となり、優雅に谷を駆け下りる。 時に緩やに渓となり、静かに海へ満ち伝う。 時…

20185/22

作品紹介 / 坂崎幸之助『短く終わった恋』

ふわっとしたロマンチックでハイキーな仕上げに、添えられた書がなんとも切ないですね。もうそのまま歌の詩になりそうです。 / Hideo Ish…

坂崎幸之助書写真展 / ふわっと is this ~ハイキーな一日

フィルムで撮っていた時代の話しですが、露出オーバーのため出来上がった写真が真っ白にとんでしまうことがあった。当然これは意図的なものではなく単…

20185/25

作品紹介 / 坂崎幸之助『自玉・塔玉・金猫・玉玉』

坂崎幸之助書写真展は毎回メインテーマとサブテーマがあります。 今回は『憂き世に浮き玉』。 上原ゼンジ氏考案の宙玉レンズにおん…

Giovanni Piliarvu 写真展『Fluire~時の流れ』

遠い異国の地に思いを巡らせる時 今いる国との大きな違いを思い浮かべる けれども自然と人間の関係は変わらない 自然から恩恵を受け一緒に生…

ページ上部へ戻る