アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20183/26

作品紹介 / 大塩貴文『 ぽつりぽつり 』

こんにちは。Island Gallery店長の理恵です。桜を愛でながら歩く通勤路、あたたかな光を浴びて、春の訪れを感じました。さて、只今、大塩貴文写真展「始まりのほとり」を開催中です。本日は展示作品から『ぽつりぽつり』をご紹介します。

穏やかに広がる波紋に映る秋空の表情が美しく、詩的な印象を受けます。水の中からすくっと生えている木の生命力と、夢の中にいるんじゃないかと錯覚させられるような揺らいだ景色との対比が魅力的な作品です。大塩さんご自身もあまりの美しさに時を忘れてしまったとお話されていました。

本展では、これまでに大塩さんが表現してきた小鳥たちの住む清々しい森の世界とは違い、光と影を意識した風景写真に挑戦されています。
小さい頃に見聞きしてきた絵本の世界のはじまりは、どこか静かで時には怖さも感じながらこれからどんな事が起こるのだろうというワクワクしていた、そんな気持ちをいつまでも忘れたくない、そう語られていました。どこか全体を通してファンタジーを感じさせる空気は、そんな想いから創られているのかもしれません。

是非、ギャラリーで作品をご覧いただき、その感覚を沢山の方に味わっていただきたいなと思います。皆さまのご来廊をお待ちしております。

大塩貴文写真展『始まりのほとり』
会  期 2018年3月23日[金]-4月1日[日] / 27日[火]は休廊
入場無料 11:00-19:00
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity


作家在廊日
3月23日(金)・24日(土)・25日(日)・31日(土)・4月1日(日)

  • 作品紹介 / 大塩貴文『 ぽつりぽつり 』 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

悠々春待 ゆうゆうとはるをまつ / Island Gallery

息吹と鼓動を感じる命の棲家、郷愁抱く情緒ある異国風景、優しく切り取られた日常の一瞬。それぞれの感性から生まれたぬくもりを感じるアートフォトを…

20191/16

2019 Art Photography CALENDAR

アートフォト界のトップランナー 12人の写真家が綴る 珠玉の2019年カレンダー カレンダー仕様・特徴 壁掛け用の中綴じ…

20191/11

彩色写真画家 安斉紗織と和ガラス

本日初日、彩色写真画家の安斉紗織が在廊しました。 3月に開催する個展のメインビジュアルとして、今回特別出品した新作の前で記念撮影。 …

安斉紗織写真展『花花華華-HanaBana KaKa』

モノクロームの写真に手彩色を施す独自の技法『手彩色写真画』を追求している安斉紗織。過去五回の個展で着実にファンを獲得している、今話題の次世代…

[大阪] 宮沢和史詩写真展『Mi Buenos Aires Querido~我が愛しのブエノスアイレス~』

2018年11月に開催した『宮沢和史詩写真展~我が愛しのブエノスアイレス~』ですが、大阪でも開催が決定しました。 元THE BOOMの…

ページ上部へ戻る