アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201011/4

絶賛開催中 ~名嘉睦稔カレンダー原画展~

昨日から「名嘉睦稔カレンダー原画展~ 琉球の風 ~」が始まりました。展示作品の中でも一際目を引くのが、2011年カレンダー壁掛け大タイプの7月に収録された作品「南の緑門」です。半畳サイズの迫力で、波の音、強い陽射しが作る深い影、通り抜ける風…まるで本当にこの場所に立っているかのような、息づく沖縄を感じられるようです。
 
———————————–
海に通じる 緑の口には
涼やかな風と 深い闇がすんでいた。
祈るような気持ちで そこを通過すると
輝く海は となどなと横たわり
限りなく展開するのであった。
 
名嘉睦稔
———————————–

今週末には作家来場サイン会を開催いたします。皆様のお越しを心よりお待ちしています。
 
 
[関連サイト]
+名嘉睦稔カレンダー原画展~ 琉球の風 ~
+名嘉睦稔来場 PREMIUM PARTY
+2011名嘉睦稔木版画カレンダー

関連記事

コメントは利用できません。

20176/23

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Timo / Ulassai』

ジョバンニの生まれ島であるサルデーニャの絶景。イタリアでも屈指の美しい島だと言う。目の前の風景とじっくり対話をしながら、そして一瞬の煌めきを…

20176/21

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Cera / Caccamo』

色の見え方は瞳の色で違うのだろうか。 ジョバンニの写真はどれもが、日本人の仕上げ方とは違うように思う。 このブルーとピンクの絶妙な色彩は…

20176/20

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念

生まれた場所が大気の流れや潮のみちひなど、ダイナミックな自然に囲まれていた。そうした巨大な力は、神が起こすものだと教わって育ちました。大人に…

20176/20

日本とイタリアの架け橋になりたい。 / Giovanni Piliarvu

日本とイタリアの架け橋になりたいと語るジョバンニ。 現在、イタリアの生まれ島サルデーニャで、日本をテーマにした個展を開催している。そしてI…

20176/18

現在最高レベルのオリジナルプリント / Giovanni Piliarvu

今展では A2サイズを中心に展示していますが、ここに写っている4点は A1サイズという割りと大きなプリントをしました。A2以上の作品になると…

ページ上部へ戻る