アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

ゲスト写真家 田中長徳 / PEN PEN BERLIN 2011

 この展示はベルリンで7月に2週間かけて撮影しました。撮影中ベルリン市民から「フクシマは大丈夫ですか?」というお見舞いの言葉を沢山いただきした。その前、3月11日にはマンハッタンでの撮影初日に東日本大震災の第一報を受けました。その翌週明けにはすでにマンハッタンの各所で募金活動が開始されているのを見て、大変有り難く思いました。
 2011年はベルリンの壁が出来てちょうど半世紀になります。30年前、当時の西ベルリン市の依頼で、東西ベルリンをモノクロで撮影しました。壁が崩壊し東西独逸が統合して20年以上の時が流れました。この夏、思い出の壁の街を行ったり来たりしました。
 この展示は言わば画像版で別に文章版もあります。長編エッセイ「8月の壁」は文芸誌「新潮」に近々掲載予定です。
 
撮影機材はオリンパスペンデジタル3でレンズはズイコー12ミリを使用しました。
 

会  期 | 9/14(水)~25(日)
開館時間 | 9:00-16:30 (火曜は16:00閉館・入館は閉館の30分前まで)
会  場 | 明治神宮文化館宝物展示室
施設維持協力金 | 500円
作家来場 | 可能な限り来場します。詳細はブログにて告知いたします。
 
※展示作品は全て販売いたします。

関連記事

コメントは利用できません。

20186/11

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『 Vegliando_Palau 』

こんにちは。Island Galleryスタッフのりえです。東京は雨模様ですが、道端の紫陽花がきれいな季節となりました。さて、只今、Giov…

20186/12

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Arrossend_Amaharashi』

こんにちは。Island Galleryスタッフの麻衣です。 現在好評開催中のGiovanni Piliarvu 写真展『Fluire…

20186/15

ただいまIsland Galleryに在廊中 / Giovanni Piliarvu

日本に来て12年。日常はイタリア語の先生をしながら、写真家としても精力的に活動している。過去2回の個展では、イタリアを中心にヨーロッパの美し…

藪崎次郎 写真展『1/f Signals』

時に天から雨となり、優しく大地へ降り注ぐ。 時に湧き出で滝となり、優雅に谷を駆け下りる。 時に緩やに渓となり、静かに海へ満ち伝う。 時…

斎藤朱門 写真展『流転する風景 / PROTEAN WORLD』

『I believe the world is incomprehensibly beautiful - an endless pros…

ページ上部へ戻る