アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201212/20

透明という無段階の色 石垣島 / 坂崎幸之助

普段はスナップの名手として名高い坂崎さんですが、本展ではネイチャーフォトグラファーとしての才能も存分に発揮しています。

ここでご来廊いただいた方からのご質問が多かった、使用した機材についてのお話をしましょう。
石垣島で撮影したカメラはほぼSIGMAのSD1 MerrillとDP1 Merrill、DP2 Merrillと言う、超高解像度を誇るモンスターカメラです。実は超高解像度なカメラは扱いにクセがあるのですが、数々のカメラを使いこなしてきた坂崎さんは、このモンスターカメラとも相性バツグンのようです。

どうでしょうか、この作品。
ちょいとツアーの寄り道をして撮ってきたとは思えませんね。
さて、そろそろ完売作品が出だしています。
どうぞ、実物をご覧なりにいらしてくださいね。

そうそう、作品の仕上がりを左右する大事な要素が、プリントに使用するペーパーなのですが、これはフランスの老舗メーカーCanson Infinityのミュージアムグレードを誇るフォトサテンを使用しています。坂崎さんもお気に入りのペーパーです。

坂崎幸之助書写真展 / 気ままな寄り道~石垣島から秋ツアーへ もうひとつの旅

会 期 / 12月15日(土)~26日(水)
    open 11:00-19:00

場 所 / Island Gallery
    東京都中央区京橋1-5-5 B1
    tel 03-3517-2125

協 力 / マルマン株式会社 Canson Infinity

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • サザエ
    • 2012年 12月 23日

    20日にお邪魔させて頂きました。
    空の藍さに息を呑みました。
    実際の石垣の色ですと、説明をして頂き
    言葉もありませんでした。
    美しい・・・
    また伺って、今度は書も合わせて
    堪能しなければと思います。

      • Island Gallery
      • 2012年 12月 30日

      サザエ様

      ご来廊とコメントありがとうございました。
      坂崎氏の青の世界をご堪能いただいて嬉しいです。

    • saki
    • 2012年 12月 29日

    24日に拝見させていただきました。絵画では表現しにくい、透明感は写真の魅力ですね。ぜひ求めたかったのですが、この作品は人気で、早くに完売でしたので、じっくりと見てきました。
    混みあっている中、いつも丁寧にご説明下さりありがとうございます。
    1枚1枚に真剣に撮っておられる坂崎さんの姿が想像できて、うれしく思いました。本当に素敵な書写真展の開催を感謝いたします。
    坂崎さんは愛機とお友達のようですが、私はモンスターカメラと戦っています笑・・・
    高台寺の竹林の君は、愛猫ちゃんのことなのでしょうか?

      • Island Gallery
      • 2012年 12月 30日

      sakiさん

      ご来廊とコメントありがとうございます。
      同じカメラをお使いでいらっしゃるんですね。
      より作品の素晴らしさを感じて頂けたかと思います。

コメントは利用できません。

20186/11

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『 Vegliando_Palau 』

こんにちは。Island Galleryスタッフのりえです。東京は雨模様ですが、道端の紫陽花がきれいな季節となりました。さて、只今、Giov…

藪崎次郎 写真展『1/f Signals』

時に天から雨となり、優しく大地へ降り注ぐ。 時に湧き出で滝となり、優雅に谷を駆け下りる。 時に緩やに渓となり、静かに海へ満ち伝う。 時…

斎藤朱門 写真展『流転する風景 / PROTEAN WORLD』

『I believe the world is incomprehensibly beautiful - an endless pros…

20186/12

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Arrossend_Amaharashi』

こんにちは。Island Galleryスタッフの麻衣です。 現在好評開催中のGiovanni Piliarvu 写真展『Fluire…

20186/15

ただいまIsland Galleryに在廊中 / Giovanni Piliarvu

日本に来て12年。日常はイタリア語の先生をしながら、写真家としても精力的に活動している。過去2回の個展では、イタリアを中心にヨーロッパの美し…

ページ上部へ戻る