アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20137/10

名嘉睦稔展示作品のご紹介 / 「連鳴」

こんにちは。Island Galleryスタッフのりえです。7月に入り、街で浴衣姿の女性を見かけるようになりました。夏祭りや花火大会など、これから賑やかな季節です。
さて、Island Galleryで開催中の名嘉睦稔 真南風展 / 後期「神々の風」展示作品より『連鳴(つれなり)』をご紹介します。空に浮かぶ神様たちを描いた中空神々シリーズの一つで、流れる雲のように舞いながら優しく島を見守る姿が素敵に描かれています。
沖縄には「ウナイ神」と呼ばれる姉妹の神様がいるといわれています。男性を加護するのは女性だという考えから、男性が出かける前に自分の妹やお姉さんに声をかけてもらうことでウナイ神に守ってもらうそうです。ボクネンさんの作品を見ていると東京にいても空の表情の中に神様がいるんじゃないかとじっと眺めしまいます。
最後にボクネンさんの素敵な言葉をご紹介します。

心の中にくっきりと水平線の糸が刻まれていました。小さい頃よく雲を眺めましたよ。終日あきずに見上げていたある日、青い神様が「糸の上」をゆっくりとした足どりで歩いてゆくのを見てしまいました。
空全体がゆれるように動いている様は、母がよくぼくを包んだあの懐のまったり感と似ていて、不思議な気持ち良さでした。 琉球新報記事「風の島」より抜粋

名嘉睦稔木版画 真南風展~光の季節のはじまり~

後期 神々の風
7月6日[土]-15日[月] 会期中無休 入場無料

OPEN 11:00-19:00

▼名嘉睦稔オンラインショップギャラリー
+前期 島々の風
+後期 神々の風 

関連記事

コメントは利用できません。

20182/7

プレミアムトーク / 宮沢和史 詩写真展『琉宮百景~光』

宮沢和史氏のプレミアムトークが先日開催されました。ご参加されたみなさま、ありがとうございました。1時間があっという間に感じられたのではないで…

安斉紗織 彩色写真画展『 百花繚乱』

美しさ、和らぎ、祝福を与えてくれる花々。 ひとりひとり、一つ一つ、花開き、 羽ばたいてゆけますように、 想いをこめて絵筆を取りました。 安…

栗田ゆが 写真展『Sea Change』

一瞬を撮ることはできても永遠を撮ることはできない。ならば、せめて一晩だけでもよいから写真に残したい。 そう思って海に来た。やがて夜が明け日…

20181/23

宮沢和史さんご来廊の巻

本日、夕方に宮沢和史さんが来廊しました。額装された自身の作品を見るのは初めてなので、ひとつひとつを入念に鑑賞されていました。写真と琉歌(書)…

20182/19

ギャラリースタッフ募集(画廊求人) / Island Gallery

Island Galleryで一緒に働いてみませんか? アート・写真が好きで、新しい可能性にチャレンジしたい方のご応募をお待ちしています。…

ページ上部へ戻る