アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20137/10

名嘉睦稔展示作品のご紹介 / 「連鳴」

こんにちは。Island Galleryスタッフのりえです。7月に入り、街で浴衣姿の女性を見かけるようになりました。夏祭りや花火大会など、これから賑やかな季節です。
さて、Island Galleryで開催中の名嘉睦稔 真南風展 / 後期「神々の風」展示作品より『連鳴(つれなり)』をご紹介します。空に浮かぶ神様たちを描いた中空神々シリーズの一つで、流れる雲のように舞いながら優しく島を見守る姿が素敵に描かれています。
沖縄には「ウナイ神」と呼ばれる姉妹の神様がいるといわれています。男性を加護するのは女性だという考えから、男性が出かける前に自分の妹やお姉さんに声をかけてもらうことでウナイ神に守ってもらうそうです。ボクネンさんの作品を見ていると東京にいても空の表情の中に神様がいるんじゃないかとじっと眺めしまいます。
最後にボクネンさんの素敵な言葉をご紹介します。

心の中にくっきりと水平線の糸が刻まれていました。小さい頃よく雲を眺めましたよ。終日あきずに見上げていたある日、青い神様が「糸の上」をゆっくりとした足どりで歩いてゆくのを見てしまいました。
空全体がゆれるように動いている様は、母がよくぼくを包んだあの懐のまったり感と似ていて、不思議な気持ち良さでした。 琉球新報記事「風の島」より抜粋

名嘉睦稔木版画 真南風展~光の季節のはじまり~

後期 神々の風
7月6日[土]-15日[月] 会期中無休 入場無料

OPEN 11:00-19:00

▼名嘉睦稔オンラインショップギャラリー
+前期 島々の風
+後期 神々の風 

関連記事

コメントは利用できません。

20179/5

作品紹介 / 山本高裕『青い海』

陽が高い時間に見た館山湾は、どこまでも青く、美しかった。この日の目的地はここではなかったが、 あまりの青さに車を止めた。この海はこのあとにも…

山本謙治写真展 / 大根百景

 宮崎県宮崎市の田野町は、日本一の干し大根産地だ。一般的な青首大根とは違い、漬物にするための白首大根と呼ばれる細く長い大根を栽培し、太陽と山…

柴田 祥 写真展 / 津軽再考

津軽を題材とした写真を撮影してきた約6年半という歳月のなかで一つまた一つと無くなっていく景色。撮り溜めてきた写真はいつしかこの地の記録と記憶…

20179/7

作品紹介 / 山本高裕『二重奏』

その砂浜の一部は、上から見ると尖った形をしていて、その先に岩場があった。先端まで行くことも考えた。しかし、これから満潮を迎えるという時間帯だ…

20179/19

作品紹介 / 柴田 祥『中秋』

こんにちは。Island Gallery店長の理恵です。只今、柴田祥写真展「津軽再考」を開催しております。先週末に開催されたトークイベント、…

ページ上部へ戻る