アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201011/22

三井公一氏のプレミアムフォトウォーク

iPhonegrapher / 三井公一氏のプレミアフォトウォークが開催されました。

今回は世田谷の二子玉川から出発して成城学園まで、多摩川沿いを中心にブラブラとしてきました。実はこのブラブラと言うのは重要なキーワードで、三井氏のライフワークでもあるのです。何気ない風景でも、感覚を研ぎ澄ませて歩けば、そこここにアートが見つかるのです。参加者はスタッフ含めて7名でした。

フォトレポートはこちらです。

 
Photo by Hideo Ishijima



関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

  1. 今日Island Galleryに寄らせていただき、名嘉睦稔氏の素敵な作品群を拝見し、八重山のCDと三井公一氏の写真集をgetさせていただきました。どちらもとても素敵で癒されますね。会社の近くだし、またたまに寄らせていただきます。

コメントは利用できません。

20176/18

現在最高レベルのオリジナルプリント / Giovanni Piliarvu

今展では A2サイズを中心に展示していますが、ここに写っている4点は A1サイズという割りと大きなプリントをしました。A2以上の作品になると…

20176/25

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念

生まれた場所が大気の流れや潮のみちひなど、ダイナミックな自然に囲まれていた。そうした巨大な力は、神が起こすものだと教わって育ちました。大人に…

20176/20

日本とイタリアの架け橋になりたい。 / Giovanni Piliarvu

日本とイタリアの架け橋になりたいと語るジョバンニ。 現在、イタリアの生まれ島サルデーニャで、日本をテーマにした個展を開催している。そしてI…

20176/23

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Timo / Ulassai』

ジョバンニの生まれ島であるサルデーニャの絶景。イタリアでも屈指の美しい島だと言う。目の前の風景とじっくり対話をしながら、そして一瞬の煌めきを…

20176/21

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Cera / Caccamo』

色の見え方は瞳の色で違うのだろうか。 ジョバンニの写真はどれもが、日本人の仕上げ方とは違うように思う。 このブルーとピンクの絶妙な色彩は…

ページ上部へ戻る