アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20114/6

復興支援チャリティ / 名嘉睦稔展覧会カタログ

この度、復興支援チャリティとして、2000年8月に明治神宮宝物展示室に於いて開催された『名嘉睦稔の世界~大自然の声、魂の記憶を彫る~』の展覧会カタログの売上全額を、Think the Earthプロジェクトの基金を通じて寄付することに致しました。
このカタログにはボクネンさんが明治神宮に籠もって彫った「森走風」や奉納された作品などが収録されています。写っているのは月の女神様を描いた「御陰加那志(うちちがなし)」といいう作品で、隣のページには対になっている太陽の神
様「御陽加那志(うでいだがなし)」が掲載されています。

「御陰加那志」

悠久のリズムを
奏で続けて月は我々の空から
消えたためしがない。
あまねくある命のあらゆるに
相互に感応する音色を響かせて
満ちてかけてをくり返して
あるべきところにある。
 
名嘉睦稔
 

■Island Gallery STORE
+展覧会カタログ「名嘉睦稔の世界~大自然の声、魂の記憶を彫る~」 500円(税込)

【寄付先】
Think the Earthプロジェクト / Think the Earth基金

関連記事

コメントは利用できません。

20174/14

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 三景』

本日初日の『宮沢和史詩写真展 琉宮百景』は大盛況です。朝から途絶えること無く、多くの方にご来廊頂きました。さて、その中でも一番人気の作品『琉…

20174/15

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 二十景』

日本では最大級の蝶であるオオゴマダラが、二羽で寄り添うように舞っている。 そんな情景から、以下の琉歌が詠まれました。 三十景の琉歌のうち…

宮沢和史 詩写真展『琉宮百景』~りゅうぐうひゃっけい~

元THE BOOMのボーカリスト、宮沢和史氏の初個展が開催されます。 沖縄を中心とする琉球弧を旅し 様々な風景の中を歩いていると …

坂崎幸之助書写真展 / 50年目のギター

中学入学と同時に、それまで貯めていた小遣いを握りしめて銀座のYAMAHAに向かった。初めての僕のギターを手に入れるために。それまでにも何とな…

20174/18

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 九景』

やはり琉歌と写真の組み合わせだからなのでしょうか。みなさまの滞在時間がとても長いのが今展の特徴です。ひとつひとつの作品に向き合い、琉歌をじっ…

ページ上部へ戻る