アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20114/6

復興支援チャリティ / 名嘉睦稔展覧会カタログ

この度、復興支援チャリティとして、2000年8月に明治神宮宝物展示室に於いて開催された『名嘉睦稔の世界~大自然の声、魂の記憶を彫る~』の展覧会カタログの売上全額を、Think the Earthプロジェクトの基金を通じて寄付することに致しました。
このカタログにはボクネンさんが明治神宮に籠もって彫った「森走風」や奉納された作品などが収録されています。写っているのは月の女神様を描いた「御陰加那志(うちちがなし)」といいう作品で、隣のページには対になっている太陽の神
様「御陽加那志(うでいだがなし)」が掲載されています。

「御陰加那志」

悠久のリズムを
奏で続けて月は我々の空から
消えたためしがない。
あまねくある命のあらゆるに
相互に感応する音色を響かせて
満ちてかけてをくり返して
あるべきところにある。
 
名嘉睦稔
 

■Island Gallery STORE
+展覧会カタログ「名嘉睦稔の世界~大自然の声、魂の記憶を彫る~」 500円(税込)

【寄付先】
Think the Earthプロジェクト / Think the Earth基金

関連記事

コメントは利用できません。

20176/21

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Cera / Caccamo』

色の見え方は瞳の色で違うのだろうか。 ジョバンニの写真はどれもが、日本人の仕上げ方とは違うように思う。 このブルーとピンクの絶妙な色彩は…

20176/25

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念

生まれた場所が大気の流れや潮のみちひなど、ダイナミックな自然に囲まれていた。そうした巨大な力は、神が起こすものだと教わって育ちました。大人に…

20176/18

現在最高レベルのオリジナルプリント / Giovanni Piliarvu

今展では A2サイズを中心に展示していますが、ここに写っている4点は A1サイズという割りと大きなプリントをしました。A2以上の作品になると…

20176/23

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Timo / Ulassai』

ジョバンニの生まれ島であるサルデーニャの絶景。イタリアでも屈指の美しい島だと言う。目の前の風景とじっくり対話をしながら、そして一瞬の煌めきを…

20176/20

日本とイタリアの架け橋になりたい。 / Giovanni Piliarvu

日本とイタリアの架け橋になりたいと語るジョバンニ。 現在、イタリアの生まれ島サルデーニャで、日本をテーマにした個展を開催している。そしてI…

ページ上部へ戻る