アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20114/6

復興支援チャリティ / 名嘉睦稔展覧会カタログ

この度、復興支援チャリティとして、2000年8月に明治神宮宝物展示室に於いて開催された『名嘉睦稔の世界~大自然の声、魂の記憶を彫る~』の展覧会カタログの売上全額を、Think the Earthプロジェクトの基金を通じて寄付することに致しました。
このカタログにはボクネンさんが明治神宮に籠もって彫った「森走風」や奉納された作品などが収録されています。写っているのは月の女神様を描いた「御陰加那志(うちちがなし)」といいう作品で、隣のページには対になっている太陽の神
様「御陽加那志(うでいだがなし)」が掲載されています。

「御陰加那志」

悠久のリズムを
奏で続けて月は我々の空から
消えたためしがない。
あまねくある命のあらゆるに
相互に感応する音色を響かせて
満ちてかけてをくり返して
あるべきところにある。
 
名嘉睦稔
 

■Island Gallery STORE
+展覧会カタログ「名嘉睦稔の世界~大自然の声、魂の記憶を彫る~」 500円(税込)

【寄付先】
Think the Earthプロジェクト / Think the Earth基金

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。
ジョバンニとジョバンニのパパ

20166/21

ジョバンニとジョバンニのパパ

ジョバンニの故郷はイタリアのサルデーニャだ。 簡単にイタリア人なのね、って言うと叱られる。 そう、サルデーニャは、少し前までは独立した誇…

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Impetuoso』

20166/20

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Impetuoso』

ローマ時代からの橋でヴェローナでは一番古い『ポンテピエトラ橋』。石の橋という意味らしい。このような有名な観光地になっている場所は、ひとつ間違…

作品紹介 / 安斉紗織『南の果ての小さな浜』

20166/11

作品紹介 / 安斉紗織『南の果ての小さな浜』

夕暮時の誰もいない海、 太陽と雲が織りなす光の世界、 今日も一日ありがとうございます。 思わず手を合わせたくなる光景ですね。 会…

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Intervallo』

20166/18

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Intervallo』

イタリアを代表するワイン『バローロ』の生産地である『ラ・モッラ村』。集落と葡萄畑を繋ぐ農道なのでしょか。夜の碧が、美しい村を浮かび上がらせて…

The Complete Photography Book / 坂崎幸之助書写真集発売記念展

The Complete Photography Book / 坂崎幸之助書写真集発売記念展

Island Galleryで2011年より5年に渡り、年に2回のペースで開催している『坂崎幸之助書写真展』は、通算で10回を数えます。 …

ページ上部へ戻る