アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

Google+三人写真展 2015 / Three Photographers Emerge 2015

Google+三人写真展 2015 / Three Photographers Emerge 2015

Google+は、未来ある写真家が集まる場所としてIsland Galleryが注目しているSNSです。今年で3回目を迎え、各界から注目を集めています。未来のスター写真家三人にスポットを当て、彼らが日々撮りためた写真から、それぞれ15点ほどをセレクトし展示販売いたします。

Google+三人写真展 2015 / Three Photographers Emerge 2015
会  期 8月21日[金]~30日[日] Open 11:00-19:00
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
入場無料 会期中無休
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity


Google+三人写真展 2015 / YouTube LiveTalk 2015
オープニングレセプション&YouTube Live Talk
8月21日[金] 参加自由
18時~オープニングレセプション
19時~YouTube Live Talk

飲み物や自慢の一品の持ち寄り大歓迎です。
そしてドレスコードは『浴衣!』
Island Galleryの女性スタッフ三人と、今回の写真家 宮崎真梨恵さん、そして石川明宏さんも浴衣です。もちろん普段着でもオッケーです。お気軽にお越し下さい。


+Akihiro Ishikawa / 石川明宏
plofile_ishikawa DM_ishikawa
グラフィック・デザイナー, 写真家。レコード会社内で17年間、音楽のグラフィック・デザイン(CDジャケット, 広告, ポスター, 販促物全般)の制作を担当。そして2010年、明治大学専門職大学院に於いてMBA(経営管理修士)を取得。以後、フリーランスのクリエイターとして活動中。グラフィック・デザインに携わりながら、2012年より、東京スカイツリーを共通項にした東京の風景を撮影開始。SNS“Google+”で、写真作品を継続的に発表している。2014年10月~12月に墨田区で開催された写真展『すみだ・とうきょう物語』は、来場者数1400人を突破。2015年5月、東京ソラマチにて、写真展『すみだ・とうきょう物語 -特別編-』を開催。写真集『すみだ・とうきょう物語』が発売中。

He worked for 17 years for a record company as graphic designer where he designed the cover art for CDs, advertisements, posters and promotional items in general. In 2010 he took the Master of Business Administration (MBA) at Meiji University Graduate School of Business Administration. Since then he’s been working as a freelance creator specialized in graphic design. In 2012 he started taking pictures of cityscapes of Tokyo featuring TOKYO SKYTREE and sharing his works regularly on Google+.
In 2014 his photo exhibition “Sumida Tokyo Stories” in Sumida, Tokyo attracted more than 1,400 visitors. After that, the photo exhibition “Sumida Tokyo Stories (Special Edition)” was held at Tokyo Soramachi in May 2015. His photo book “Sumida Tokyo Stories” is now on sale.

Official Site / Stones River


+GiovanniPiliarvu / Giovanni Piliarvu
profile_giovanniDM_giovanni1978年生まれ。イタリアのサルデーニャ島サッサリ市出身。カメラ店を経営していた叔父のおかげで初めてカメラを弄った。母親に借りたミノルタ製一眼レフを使い、いつも家にあったロールフィルムで若い頃から写真を撮っていた。サルデーニャ島を出てから写真を一時休憩。来日してから数年、デジタルカメラの世界に入る。風景や、祭り、ポートレート、散策中など、その中の空気に浮かんでいる気持ちを写真で掴むことが好き。瞬間のエモーションを写真にすることが目標。

Giovanni was born in Sardinia, Italy, in 1978. His first contact with a camera was thanks to his uncle who had a photography shop in Giovanni’s hometown of Sassari. Rolls of film were always around the house so he took advantage by loading them in his mother’s Minolta at an early age. He began traveling to experience the world outside of Sardinia. During this time he took a break from photography to express his art via other outlets like music and live performances. Giovanni returned to photography during the digital era. Since then he has shown a passion for capturing majestic landscapes, photographing the emotions of festivals, and making portraits.

Official Site / giovannipiliarvu.com


+Marie Miyazaki / 宮崎真梨恵
profile_marie DM_marie
1984年生まれ。東京都在住。生まれ育った三重県松阪市を離れて以来、東京、北海道、ふたたび東京へと住居を移してきた。北海道在住時、祖父の遺品であったNikon D200を受け取る。農業を営みながら、一人こそこそと写真撮影をしていた祖父。せっかくだからこの写真機を北海道に連れていこう、と考え引き取る。引き取ったはいいものの、使い方が分からない。ほぼ箪笥の肥やしとなっていたが、2012年秋、熊出没関連のニュースで近所の円山公園について知る。興味を惹かれ、初めて円山公園に。そこで目にした紅葉の美しさに息をのむ。祖父の設定のまま、夢中でシャッターを切ってみる。
写った。美しい。鳥がいる。リスがいる。見せたい―。
ここから、カメラと円山公園との付き合いが始まる。息づく時、息つく時、を大切にしつつ。

Born in Matsusaka, Mie in 1984. After leaving Mie, she moved to Tokyo, then to Hokkaido, and returned to Tokyo where she currently lives. Her journey with photography started when she received her late grandfather’s Nikon D200 as a keepsake. A farmer by trade, her grandfather loved photography and traveling with his camera. Fond memories of her grandfather busily snapping away photos inspired her to take the camera along on her journey to Hokkaido.

Unfortunately, she found that she did not inherit her grandfather’s natural aptitude for photography, and the camera spent most of its time on the shelf. Then one autumn day in 2012, while watching TV news coverage about bear sightings, she learned of Maruyama Park, not far from her home. Fascinated, she went to the park with her camera, where she was greeted by the magnificent autumn colors. Captivated by the breathtaking beauty, she found herself working the shutter again and again. The D200 was still set from her grandfather’s final photograph. She didn’t realize the settings were not ideal for the situation, but that didn’t matter to her.

Beautiful! There are birds! There are squirrels and chipmunks! I want to share this with my family…

And so, her relationship with photography began, together with her passion for finding and capturing the unforgettable moments in her everyday life.

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。
2017年 名嘉睦稔木版画カレンダー

201610/24

2017年 名嘉睦稔木版画カレンダー 発売中!

▶オンラインストア / 2017年 名嘉睦稔木版画カレンダー 原画の色彩感を徹底して再現。 ボクネン作品の臨場感溢れるアートカレン…

大塩貴文さん × 坂崎幸之助さん

201611/15

大塩貴文さん × 坂崎幸之助さん

今日は坂崎さんが、次の個展の最終打ち合わせにIsland Galleryに来廊してくださいました。現在開催中の『大塩貴文 写真展 / 聴こえ…

STAFF

201612/2

ギャラリースタッフ募集(画廊求人) / Island Gallery

Island Galleryで一緒に働いてみませんか? アート・写真が好きで、新しい可能性にチャレンジしたい方のご応募をお待ちしています。…

坂崎幸之助書写真展 / ふらり夢中激写の旅

坂崎幸之助書写真展 / ふらり夢中激写の旅

何の目的も持たず「ふらり」と出かけた街で、見たこともない風景にいつの間にか「夢中」になってファインダーを覗く。そこには「激写」の決定的瞬間も…

坂崎幸之助書写真展 / ベストセレクション 滋賀

坂崎幸之助書写真展 / ベストセレクション_長浜アートセンター

長浜アートセンター オフィシャルサイトより転載 会 期 2016年12月1日(木)~25日(日) 時 間 10:00~17:00 最…

ページ上部へ戻る