アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20181/24

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景~光 十九』

展示作品よりご紹介いたします。

~琉歌~
愛しむものに その理合は無し
慈しむ心 謂れは無し
 
~よみがな~
いつくしむものに そのりあいはなし
いつくしむこころ いわれはなし


まるでブーゲンビリアを愛でているような猫ちゃん。更にその様子を慈しんでいる宮沢さん。何気ない日常の光景も、こうして琉歌として詠まれ、写真と一対になると、グッと心に響いてきます。 / Hideo Ishijima


ちなみにサイズは、大きい順に A3+琉歌 / A4+琉歌 / 2L+琉歌の3種類から選べます。今回紹介しているこれは2L+琉歌になります。

全ての作品には直筆の書による琉歌と、写真には直筆のサインとエディションナンバーが入ります。A3+琉歌 / A4+ 琉歌 / 2L+琉歌 / の3サイズをご用意しました。
オンラインギャラリーからもご購入をいただけます。

▶宮沢和史 / KAZUFUMI MIYAZAWA Online Gallery

全展示作品は、こちらからご覧いただけます。

▶展覧会カタログ『琉宮百景 光』
A5横版 / 68ページ
作品収録数 30点
販売価格 2,800円


宮沢和史 詩写真展『琉宮百景~光』
会  期 2018年1月18日[木]-28日[日] 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity


プレミアムトークのお知らせ
作品を5万円以上ご購入いただいた全ての方を、プレミアムトークイベントにご招待いたします。

日 時 2018年2月4日[日]
    14:00 start / 16:00 start (入れ替え制の2回を予定しています。)
会 場 Island Gallery

  • 作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景~光 十九』 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

20195/20

作品紹介 / 坂崎幸之助『色っぽい一日だった』

一日のうちにほんの数分だけ訪れる美しい時間。 忙しい毎日を過ごしていると気が付かない。 こんな光景を見逃すなんてもったいないですよね。 …

柴田 祥 写真展 / 津軽再考(再構)

この度、2019年5月に写真集「津軽再考」が出版となりました。 出版を記念しまして柴田祥写真展「津軽再考(再構)」を開催いたします。 2…

坂崎幸之助書写真展 / マジカルミステリーアワー

夜は苦手だけど夜の入り口は嫌いではない。むしろ心魅かれる時間帯でもある。この短い時間を表す日本語には美しい言葉がたくさんある。「夕間暮れ」「…

20195/19

作品紹介 / 坂崎幸之助『ホタルは棲んでいないけど』

昨日から始まりました『坂崎幸之助書写真展 / マジカルミステリーアワー』。初日からたくさんの方にご来廊いただきました。本日も朝から賑わってい…

アキラ・タカウエ 写真展 コンセプチュアル・アーバンスケープⅡ

構造工学と景観理論に基づく論理的な「コンポジション」、 コンセプトが魅せる「都市風景の異空間表現」、 この対偶となる二つの世界が理想的に…

ページ上部へ戻る