アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20186/25

作品紹介 / 藪崎次郎『夢幻_mugen』

こんにちは。Island Galleryスタッフの麻衣です。初の個展開催となる藪崎次郎写真展『1/f Signals』が現在好評開催中です。23日(土)に開催したギャラリートークも、沢山の方にお越しいただき、大変賑わいました。誠にありがとうございます。

癒やしをテーマに撮影された21点の中から、特にお気に入りの作品を紹介させていただきます。

新緑が爽やかに香り、水面の映り込みが幻想的な『夢幻_mugen』は山形県で年に数週間、限られた期間しか見ることの出来ない景色を撮影された作品です。
雪解け水が増水し、木の群生が湖のように浸るこの場所は、まるで夢の中のような不思議な世界になるそうですが、作家の技によってその世界観がより強調されています。
あえて印象派の風景画のように仕上げたという水面のタッチは、筆で油絵の具を重ねたような、色の繊細な重なりが美しく描写されています。
色彩のビビットさと描写のやわらかさが響き合い、この作品を眺めながら眠りにつけたら、心地良い夢を見ることが出来るだろうなと感じる、まさに癒やしの詰まった1枚です。

この他の作品も色彩を大切に表現されていて、どれも見ごたえがございます。
ぜひギャラリーにてご覧ください。

藪崎次郎 写真展『1/f Signals』
会  期 2018年6月22日(金)-7月1日(日) 11:00-19:00
入場無料 火曜日休廊
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity


作家在廊日
6.22(金) 23(土) 24(日) 29(金) 30(土)7.1(日) / 終日
6.28(木) 14:00-19:00


ギャラリートーク開催 
6月23日(土)・30日(土)
▶15:00 Start / 参加自由

 

関連記事

コメントは利用できません。

アキラ・タカウエ 写真展 コンセプチュアル・アーバンスケープⅡ

構造工学と景観理論に基づく論理的な「コンポジション」、 コンセプトが魅せる「都市風景の異空間表現」、 この対偶となる二つの世界が理想的に…

20195/19

作品紹介 / 坂崎幸之助『ホタルは棲んでいないけど』

昨日から始まりました『坂崎幸之助書写真展 / マジカルミステリーアワー』。初日からたくさんの方にご来廊いただきました。本日も朝から賑わってい…

柴田 祥 写真展 / 津軽再考(再構)

この度、2019年5月に写真集「津軽再考」が出版となりました。 出版を記念しまして柴田祥写真展「津軽再考(再構)」を開催いたします。 2…

20195/20

作品紹介 / 坂崎幸之助『色っぽい一日だった』

一日のうちにほんの数分だけ訪れる美しい時間。 忙しい毎日を過ごしていると気が付かない。 こんな光景を見逃すなんてもったいないですよね。 …

坂崎幸之助書写真展 / マジカルミステリーアワー

夜は苦手だけど夜の入り口は嫌いではない。むしろ心魅かれる時間帯でもある。この短い時間を表す日本語には美しい言葉がたくさんある。「夕間暮れ」「…

ページ上部へ戻る