アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20188/29

作品紹介 / 斎藤朱門『Protean world, morning or its light』

今回私が是非とも紹介したいのが、この『Protean world, morning or its light』だ。
初めてプリントデータを見たとき思わず、これはターナーだ。と呟いてしまった。そうあの19世紀に活躍したウイリアム・ターナーのことだ。
雄大な景色の中に薄っすらと朝の光が差し込み、それによって発生したであろう朝霧が、低い場所をゆっくり流れゆく様子を、落ち着いた色調に、まるでターナーの絵画の様に丁寧に美しく仕上げた作品は、まさにアートフォトと呼ぶに相応しい。

どちらかと言えば斎藤朱門は、今まではフォトショップを駆使したデジタルならではの印象的な作品が人気だったが、今展においてはむしろグッと抑え気味に、細部まで丁寧に仕上げているのはとても功を奏しているように思う。

そんな感想を朱門さんに投げかけると、そう言えば、最近絵画展にはよく足を運んでいて、更に今年開催されたターナーの展覧会にも行ったとのこと。なるほど、やはり優れた芸術を沢山吸収していたということで腑に落ちた。

この作品は大きなA1サイズで展示している。是非オリジナルプリントでその醍醐味を体感してください。 / Hideo Ishijima

斎藤朱門 写真展『流転する風景 / PROTEAN WORLD』
会  期 2018年8月24日[金]-9月2日[日] 11:00-19:00
入場無料 休廊日 8月28日[火]
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity


作家在廊
8月24日(金) 11:00-19:00
  25日(土) 11:00-19:00
  26日(日) 11:00-19:00
  27日(月) 15:30-19:00
  30日(木) 15:30-19:00
  31日(金) 11:00-19:00
9月 1日(土) 11:00-19:00
  2日(日) 11:00-19:00

写真展連動企画『斎藤朱門 / Photoshop Masterへの道』
風景写真家としてだけでなく、Photoshop Masterとしてもその名を知られる斎藤朱門の超絶技を伝授いたします。初個展となる『流転する風景 / PROTEAN WORLD』の連動企画です。

※なお、本展で作品を4万円以上お買い上げいただいた方には、特典としてご希望者は無料でご受講いただけます。

▼Contents / 人気風景写真家が伝授するプロの技!
//Adobe Lightroom Classic CCとPhotoshop CC//
・よく使うブレンドモード
 -Screen/Multiply
 -Overlay/Softscreen
・露出ブレンディング
 -シャッタースピードの異なるデータのブレンディング
・Luminosity mask
 -ダイナミックコントラスト調整
・Orton効果
・Halo除去方法



▶お申込みはこちらからどうぞ

日 時 2018年9月8日(土) / 14:00-15:30
場 所 Island Gallery
定 員 30名
受講料 7,000円(税別)



▶お申込みはこちらからどうぞ

日 時 2018年9月9日(日) / 14:00-15:30
場 所 Island Gallery
定 員 30名
受講料 7,000円(税別)

  • 作品紹介 / 斎藤朱門『Protean world, morning or its light』 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

20191/11

彩色写真画家 安斉紗織と和ガラス

本日初日、彩色写真画家の安斉紗織が在廊しました。 3月に開催する個展のメインビジュアルとして、今回特別出品した新作の前で記念撮影。 …

[大阪] 宮沢和史詩写真展『Mi Buenos Aires Querido~我が愛しのブエノスアイレス~』

2018年11月に開催した『宮沢和史詩写真展~我が愛しのブエノスアイレス~』ですが、大阪でも開催が決定しました。 元THE BOOMの…

悠々春待 ゆうゆうとはるをまつ / Island Gallery

息吹と鼓動を感じる命の棲家、郷愁抱く情緒ある異国風景、優しく切り取られた日常の一瞬。それぞれの感性から生まれたぬくもりを感じるアートフォトを…

20191/16

2019 Art Photography CALENDAR

アートフォト界のトップランナー 12人の写真家が綴る 珠玉の2019年カレンダー カレンダー仕様・特徴 壁掛け用の中綴じ…

安斉紗織写真展『花花華華-HanaBana KaKa』

モノクロームの写真に手彩色を施す独自の技法『手彩色写真画』を追求している安斉紗織。過去五回の個展で着実にファンを獲得している、今話題の次世代…

ページ上部へ戻る