アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201811/18

作品紹介 / 宮沢和史『De la Estacion Diagonal Norte al Obelisco』

こんにちは。Island Gallery店長の麻衣です。
16日から開催中の宮沢和史詩写真展『Mi Buenos Aires Querido~我が愛しのブエノスアイレス~』初日から多くの方にお越しいただき、大変賑わっております。ありがとうございます。
今回は地球の裏側にあるアルゼンチンのブエノスアイレスがテーマです。『島唄』の大ヒットにより、宮沢氏との縁が深く結ばれた国。展覧会ではアルゼンチンブルーの爽やかな青空をはじめとした、カラフルな色合いの作品が皆様を南米の旅へと誘ってくれます。
特に私の好きな作品は『De la Estacion Diagonal Norte al Obelisco』です。

▼オンラインギャラリー

09.De la Estacion Diagonal Norte al Obelisco
ディアゴナル・ノルテ駅からのオベリスコ

Aunque tu estas ahi no puedo llegar directo hacia ti
あなたはそこにいるのに 真っ直ぐ会いに行けない

オベリスコと呼ばれる象徴的な搭へ、この道をまっすぐいけばすぐに近づけるのに、一方通行の標識がそうは進めないことを示しています。見えているのに、遠回りしないと思った方向へは進むことができないもどかしさ。一見なんてことはない日常の一部を、まるで恋心に例えたような詩によってロマンチックに色づきます。オベリスコの元には、会いたいひとが待っているかもしれない・・・なんて物語を思い浮かべたくなる素敵な作品です。

今回も添えられている詩は全て宮沢氏による直筆です。スペイン語で綴られた言葉の数々はどれも深く、胸に刺さります。ギャラリーでは日本語訳のキャプションを添えておりますので、ぜひゆっくりご覧になりにいらしてください。

会期中無休でオープンいたします。皆様のお越しをお待ちしております。

宮沢和史詩写真展
『Mi Buenos Aires Querido~我が愛しのブエノスアイレス~』

会  期 2018年11月16日[金]-25日[日]
入場無料 11:00-19:00
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
後  援 アルゼンチン共和国大使館
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity


プレミアムトークのお知らせ
作品を5万円以上ご購入いただいた全ての方を、プレミアムトークイベントにご招待いたします。

日 時 2018年12月2日[日]
    14:00 start / 16:00 start (入れ替え制の2回を予定しています。)
会 場 Island Gallery

▶宮沢和史 / KAZUFUMI MIYAZAWA Online Gallery
 全展示作品は、こちらからご覧いただけます。


▶展覧会カタログ
Mi Buenos Aires Querido
~我が愛しのブエノスアイレス~

A5横版 / 68ページ
作品収録数 30点
販売価格 2,800円


  • 作品紹介 / 宮沢和史『De la Estacion Diagonal Norte al Obelisco』 はコメントを受け付けていません。
  • STORE
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

201812/10

2019年 名嘉睦稔木版画カレンダー

原画の色彩感を徹底して再現。ボクネン作品の臨場感溢れるアートカレンダー。大タイプと中タイプはネット特典といたしまして、数量限定で作家直筆サイ…

201812/10

2019 Art Photography CALENDAR

アートフォト界のトップランナー 12人の写真家が綴る 珠玉の2019年カレンダー カレンダー仕様・特徴 壁掛け用の中綴じ冊子カレンダ…

201812/3

プレミアムトークイベント / 宮沢和史詩写真展

先週まで開催された『宮沢和史詩写真展 Mi Buenos Aires Querido~我が愛しのブエノスアイレス~』で、作品を5万円…

初春夢幻 HatsuHaruMugen / Island Gallery

雄大に幻想を纏う富士、美しく舞う花鳥風月、彩りが癒やしを誘う風景。三者三様が競うように美を織りなす幽玄な世界で新春を祝います。美しい名作の数…

201812/11

坂崎幸之助書写真展 / うわの空

考えてみると、子供の頃からうわの空でいることが多かったような気がします(笑)何を考えるでもなく時間のせせらぎに身を委ね、心の着地点のないまま…

ページ上部へ戻る