アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20112/26

Island Gallery Store / TINGARA「みるやかなや」

TINGARAアルバム「みるやかなや」をご紹介します。この不思議なタイトルの意味は、沖縄で古くから海の彼方にあると信じられている極楽浄土「ニライカナイ」の古語です。

タイトルチューン「燃ゆる陽」では、サバニ(舟)で世界を旅し海洋貿易で栄えた琉球のパイオニア精神が歌われています。つぐみさんが紡ぎ出す美しい歌詞と曲、イシジマヒデオによる壮大なアレンジが心地良いアルバムです。J-WAVEのジングルとして作られた「夏の薫り」名嘉睦稔作詞作曲「旅ぬ夜風」などが収録されています。ヘッドフォンでじっくりと聞いていただきたいなと思います。発売から6年の歳月を経ても、新しいアルバムのように感じるのは唯一無二のサウンドだからではないでしょうか。
 
また、先日グラミー賞を受賞したB’zの松本孝弘氏も実はTINGARAのファンだそうで「みるやかなや」を名盤と紹介して頂いてます。沖縄でCDをお求め頂いたようで、嬉しいです。B’zのファンサイトでも取り上げられていました。
 
 

 
+TINGARA CD / みるやかなや ♪視聴もでます♪

+siteTINGARA「夏の薫り」の話

 

  • Island Gallery Store / TINGARA「みるやかなや」 はコメントを受け付けていません。
  • ETC, STORE

関連記事

コメントは利用できません。

宮沢和史 詩写真展『琉宮百景』~りゅうぐうひゃっけい~

元THE BOOMのボーカリスト、宮沢和史氏の初個展が開催されます。 沖縄を中心とする琉球弧を旅し 様々な風景の中を歩いていると …

坂崎幸之助書写真展 / 50年目のギター

中学入学と同時に、それまで貯めていた小遣いを握りしめて銀座のYAMAHAに向かった。初めての僕のギターを手に入れるために。それまでにも何とな…

20174/18

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 九景』

やはり琉歌と写真の組み合わせだからなのでしょうか。みなさまの滞在時間がとても長いのが今展の特徴です。ひとつひとつの作品に向き合い、琉歌をじっ…

20174/16

宮沢和史さんとIslandGalleryスタッフ

昨日土曜日の閉店間際に、宮沢和史さんが来廊しました。 ご自身の作品をじっくりご覧になりながら、スタッフにレクチャーしてくれました。 そし…

20174/15

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 二十景』

日本では最大級の蝶であるオオゴマダラが、二羽で寄り添うように舞っている。 そんな情景から、以下の琉歌が詠まれました。 三十景の琉歌のうち…

ページ上部へ戻る