アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

渡辺昌和 / 150年の歴史をもつ川口簗場~中越地震 震度7からの再生 海森彩生写真展 8.10-16

明治神宮文化館で開催中の「海森彩生(UMIMORISAISEI)写真展」第5弾が始まります。公募写真とゲスト写真家による展示が一週間ごとに入れ替わる写真展です。今週はTHE ALFEEの坂崎幸之助さんと、お魚博士かわむつ先生こと、渡辺昌和さんによるミュージアムトークもあります。どんなお話が飛び出すか楽しみです。
 
さて、明日からの展示は学校の生物の先生をしながら、日本全国の河川に生息する魚を研究しているかわむつ先生が、中越地震から復興するある川を追ったドキュメンタリーの写真展示です。
 

【渡辺昌和 150年の歴史をもつ川口簗場~中越地震 震度7からの再生】

会  期 | 8月10日(水)~16日(火)
開館時間 | 9:00-16:30 (入館は閉館の30分前まで・火曜は16:00閉館 入場は15:30まで)
会  場 | 明治神宮文化館宝物展示室
施設維持協力金 | 500円
 
 
■■
■8月11日(木) 坂崎幸之助&渡辺昌和 『イキモノ好き繋がりのちょっとディープなお話』
http://umimori.com/2223
 
海森彩生写真展ゲスト写真家お二人のミュージアムトークの開催が決定。
淡水魚や爬虫類、写真撮影のお話など、生き物の楽しいお話をお伺いします。

 

関連記事

コメントは利用できません。

20176/21

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Cera / Caccamo』

色の見え方は瞳の色で違うのだろうか。 ジョバンニの写真はどれもが、日本人の仕上げ方とは違うように思う。 このブルーとピンクの絶妙な色彩は…

20176/20

日本とイタリアの架け橋になりたい。 / Giovanni Piliarvu

日本とイタリアの架け橋になりたいと語るジョバンニ。 現在、イタリアの生まれ島サルデーニャで、日本をテーマにした個展を開催している。そしてI…

20176/25

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念

生まれた場所が大気の流れや潮のみちひなど、ダイナミックな自然に囲まれていた。そうした巨大な力は、神が起こすものだと教わって育ちました。大人に…

20176/18

現在最高レベルのオリジナルプリント / Giovanni Piliarvu

今展では A2サイズを中心に展示していますが、ここに写っている4点は A1サイズという割りと大きなプリントをしました。A2以上の作品になると…

20176/23

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Timo / Ulassai』

ジョバンニの生まれ島であるサルデーニャの絶景。イタリアでも屈指の美しい島だと言う。目の前の風景とじっくり対話をしながら、そして一瞬の煌めきを…

ページ上部へ戻る