アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20131/28

名嘉睦稔木版画展 展示作品のご紹介 / 「響むあけもどろ」

こんにちは。Island Gallery店長のさおりです。ギャラリーのある東京では寒い日が続いていて沖縄の暖かさが恋しい時期です。

さて、只今開催中の名嘉睦稔木版画展「春のうた~南島からの贈り物~」展示作品のご紹介です。メインイメージで使用している作品「響むあけもどろ」は2006年に制作された大作です。「響む(とよむ)」とは音が鳴りひびくという意味「あけもどろ」とは朝焼けの意味で、古くから沖縄に伝わる歌謡集『おもろさうし』の中でよく使われている言葉です。
南島の雄大な夜明けの風景が描かれたこの作品を見ていると、本当に音楽が聞こえてくるかのようです。ボクネンさんがこの景色を見て感動した気持ちが伝わってくるような気がします。

天地をどよもすように、あるいは、花が咲き渡るように夜が明けるのだと、昔の人はうたったのですが、ほんとにそんな風だと思えます。闇から変転する光の世界は、まるで生気に満ちて、空間までが鳴り響き、楽する音が聞こえるようですよ。名嘉睦稔「戌のあけもどろ」コメントより一部抜粋

皆様のお越しをお待ちしております。

+名嘉睦稔木版画展 春のうた~南島からの贈り物~
 
 

  • 名嘉睦稔木版画展 展示作品のご紹介 / 「響むあけもどろ」 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

20185/21

作品紹介 / 坂崎幸之助『ここが僕の街』

まるでアニメ映画のワンシーンを彷彿させるような一枚。タイトルの通り、新宿の高層ビル群を望む坂崎邸からのカットだそうです。ゆるやかでやさしい風…

20185/22

作品紹介 / 坂崎幸之助『短く終わった恋』

ふわっとしたロマンチックでハイキーな仕上げに、添えられた書がなんとも切ないですね。もうそのまま歌の詩になりそうです。 / Hideo Ish…

Giovanni Piliarvu 写真展『Fluire~時の流れ』

遠い異国の地に思いを巡らせる時 今いる国との大きな違いを思い浮かべる けれども自然と人間の関係は変わらない 自然から恩恵を受け一緒に生…

藪崎次郎 写真展『1/f Signals』

時に天から雨となり、優しく大地へ降り注ぐ。 時に湧き出で滝となり、優雅に谷を駆け下りる。 時に緩やに渓となり、静かに海へ満ち伝う。 時…

20182/19

ギャラリースタッフ募集(画廊求人) / Island Gallery

Island Galleryで一緒に働いてみませんか? アート・写真が好きで、新しい可能性にチャレンジしたい方のご応募をお待ちしています。…

ページ上部へ戻る