アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20136/27

名嘉睦稔展示作品のご紹介 / 「いよいよ若夏」

いよいよ若夏

こんにちは。Island Gallery店長のさおりです。本日の東京はまるで梅雨明けしたばかりの沖縄のような、爽やかなお天気でした。さて、Island Galleryで開催中の名嘉睦稔 真南風展 / 前期「島々の風」展示作品より新作『いよいよ若夏』のご紹介です。こちらは今回が初公開となります。

真っ赤に咲き誇るこの花をご存知でしょうか。こちらは沖縄の県花でちょうど今頃に見る事ができる「デイゴの花」です。タイトルにある若夏(わかなつ)という言葉も今頃の時期をさしています。若い夏。。。まさに今の気分にぴったりの素敵な言葉だなと感じます。

ボクネンさんが少年の頃によく登っていた伊是名島の大木も実はこのデイゴの木なのです。沖縄ではこの花が沢山咲く年には台風が多く来るという言い伝えもあるそうです。ボクネン少年はどんな思いでこの花を見ていたのでしょうか。作品をじっと見ていると気持ちが伝わってくるような気がします。

名嘉睦稔木版画 真南風展~光の季節のはじまり~

前期 島々の風
6月21日[金]-30日[日] 会期中無休 入場無料

OPEN 11:00-19:00

+名嘉睦稔オンラインショップギャラリー 
+名嘉睦稔「真南風展 前期 島々の風」 展示作品のご紹介 / 「南の緑門」

関連記事

コメントは利用できません。

20174/20

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 二十四景』

あまりたくさんの作品紹介をしてしまうと、来廊してくれた人の楽しみが半減するといけませんので、これで最後にいたします。 さて、来廊してくださ…

坂崎幸之助書写真展 / 50年目のギター

中学入学と同時に、それまで貯めていた小遣いを握りしめて銀座のYAMAHAに向かった。初めての僕のギターを手に入れるために。それまでにも何とな…

20174/15

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 二十景』

日本では最大級の蝶であるオオゴマダラが、二羽で寄り添うように舞っている。 そんな情景から、以下の琉歌が詠まれました。 三十景の琉歌のうち…

20174/16

宮沢和史さんとIslandGalleryスタッフ

昨日土曜日の閉店間際に、宮沢和史さんが来廊しました。 ご自身の作品をじっくりご覧になりながら、スタッフにレクチャーしてくれました。 そし…

20174/18

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 九景』

やはり琉歌と写真の組み合わせだからなのでしょうか。みなさまの滞在時間がとても長いのが今展の特徴です。ひとつひとつの作品に向き合い、琉歌をじっ…

ページ上部へ戻る