アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201311/11

写真家・木村伊兵衛が切り取った「琉球」と、ボクネン作品の世界。

こんにちは。Island Gallery店長のさおりです。東京は秋晴れの青空が広まっています。週末はいかがお過ごしでしたか?
私は「芸術の秋」という事で、六本木のフジフイルムスクエアで開催されている写真展「木村伊兵衛のふたつの旅 - 琉球・秋田」へ行って来ました。歴代の古いカメラが展示してある写真歴史博物館の一角で、中身の濃い内容でした。

木村伊兵衛氏が1936年に初めて訪れた沖縄で撮影された写真の数々。それは、まるで沖縄の木版画家・名嘉睦稔が作り出す作品のリアルな世界のようで、嬉しくなりました。絣の着物を着た美しい女性、この作品に出てきているような伝統的な船・サバニやジーファーと呼ばれるかんざしで髪を結う人などの生き生きとした日々が切り取られていました。ちょうど、ボクネンさんのおばあちゃんの時代でしょうか。まるでタイムスリップしたような錯覚になりました。

さて、Island Galleryでは名嘉睦稔木版画・価格改定前の最後の展覧会を企画中です。1987年に木版画と衝撃的な出会いをした沖縄の青年が、その後26年の間に生み出した作品を前期・後期に分けて展示いたします。

+木版画家 名嘉睦稔
+2014年ボクネンカレンダー 発売中
+名嘉睦稔木版画作品 価格改定のお知らせ
+Island Galleryインターンシップ募集

  • 写真家・木村伊兵衛が切り取った「琉球」と、ボクネン作品の世界。 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • , ,

関連記事

コメントは利用できません。

宮沢和史 詩写真展『琉宮百景』~りゅうぐうひゃっけい~

元THE BOOMのボーカリスト、宮沢和史氏の初個展が開催されます。 沖縄を中心とする琉球弧を旅し 様々な風景の中を歩いていると …

20174/18

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 九景』

やはり琉歌と写真の組み合わせだからなのでしょうか。みなさまの滞在時間がとても長いのが今展の特徴です。ひとつひとつの作品に向き合い、琉歌をじっ…

坂崎幸之助書写真展 / 50年目のギター

中学入学と同時に、それまで貯めていた小遣いを握りしめて銀座のYAMAHAに向かった。初めての僕のギターを手に入れるために。それまでにも何とな…

20174/15

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 二十景』

日本では最大級の蝶であるオオゴマダラが、二羽で寄り添うように舞っている。 そんな情景から、以下の琉歌が詠まれました。 三十景の琉歌のうち…

20174/16

宮沢和史さんとIslandGalleryスタッフ

昨日土曜日の閉店間際に、宮沢和史さんが来廊しました。 ご自身の作品をじっくりご覧になりながら、スタッフにレクチャーしてくれました。 そし…

ページ上部へ戻る