アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201311/11

写真家・木村伊兵衛が切り取った「琉球」と、ボクネン作品の世界。

こんにちは。Island Gallery店長のさおりです。東京は秋晴れの青空が広まっています。週末はいかがお過ごしでしたか?
私は「芸術の秋」という事で、六本木のフジフイルムスクエアで開催されている写真展「木村伊兵衛のふたつの旅 - 琉球・秋田」へ行って来ました。歴代の古いカメラが展示してある写真歴史博物館の一角で、中身の濃い内容でした。

木村伊兵衛氏が1936年に初めて訪れた沖縄で撮影された写真の数々。それは、まるで沖縄の木版画家・名嘉睦稔が作り出す作品のリアルな世界のようで、嬉しくなりました。絣の着物を着た美しい女性、この作品に出てきているような伝統的な船・サバニやジーファーと呼ばれるかんざしで髪を結う人などの生き生きとした日々が切り取られていました。ちょうど、ボクネンさんのおばあちゃんの時代でしょうか。まるでタイムスリップしたような錯覚になりました。

さて、Island Galleryでは名嘉睦稔木版画・価格改定前の最後の展覧会を企画中です。1987年に木版画と衝撃的な出会いをした沖縄の青年が、その後26年の間に生み出した作品を前期・後期に分けて展示いたします。

+木版画家 名嘉睦稔
+2014年ボクネンカレンダー 発売中
+名嘉睦稔木版画作品 価格改定のお知らせ
+Island Galleryインターンシップ募集

  • 写真家・木村伊兵衛が切り取った「琉球」と、ボクネン作品の世界。 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • , ,

関連記事

コメントは利用できません。

20176/20

日本とイタリアの架け橋になりたい。 / Giovanni Piliarvu

日本とイタリアの架け橋になりたいと語るジョバンニ。 現在、イタリアの生まれ島サルデーニャで、日本をテーマにした個展を開催している。そしてI…

Giovanni Piliarvu 写真展 Isole

遠い島、古い島。島の風はいにしえの話を語って、岩肌を刻んで波を動かす。 シチリアとサルデーニャの静かな物語が風景の上に舞い降りると、 …

20176/20

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念

生まれた場所が大気の流れや潮のみちひなど、ダイナミックな自然に囲まれていた。そうした巨大な力は、神が起こすものだと教わって育ちました。大人に…

20176/21

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Cera / Caccamo』

色の見え方は瞳の色で違うのだろうか。 ジョバンニの写真はどれもが、日本人の仕上げ方とは違うように思う。 このブルーとピンクの絶妙な色彩は…

20176/18

現在最高レベルのオリジナルプリント / Giovanni Piliarvu

今展では A2サイズを中心に展示していますが、ここに写っている4点は A1サイズという割りと大きなプリントをしました。A2以上の作品になると…

ページ上部へ戻る