アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20143/26

高砂淳二写真展『Light』/ 展示作品紹介『MOAIS IN THE DARK』

MOAIS-IN-THE-DARKこんにちは。Island Gallery店長のさおりです。高砂さんと言えば、水中写真やイルカのイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。私もそう思っていた一人で、最初に高砂さんの姿を見たのが10年ほど前に開催された「イルカ・クジラシンポジウム」というイベントでした。その時には、ジャックマイヨールさんについてのエピソードをゆったりとユーモアも含めてお話なさっていて、すごく自然体な方だなと思った記憶があります。

高砂さんはこの10年の間に水中での撮影を続けながら、それだけでなく魚と関わりのある生き物への興味から陸上の鳥やペンギンなどを撮影するようになったそうです。その後、ハワイで運命的に「夜の虹」と出会ってからは被写体が地球の風景へと広がっていった高砂さん。今では宇宙に興味が湧き、星々を撮影した作品が多くなってきているようです。

こちらの作品は、2月にイースター島で撮影されたばかりの最新作です。夜中に満月の光に照らされたモアイ像は、まるで宇宙と更新しているかのようだったと語っていました。

高砂淳二写真展 Light
自然写真家 高砂淳二写真展『Light』

会 期 3月15日(土)-30日(日)
会 場 Island Gallery
    東京都中央区京橋1-5-5 B1
    03-3517-2125
入場無料 会期中無休 Open 11:00-19:00
協 賛 マルマン株式会社 Canson Infinity
協 力 株式会社ニコンイメージングジャパン

+高砂淳二オンラインギャラリー
online_takasago

  • 高砂淳二写真展『Light』/ 展示作品紹介『MOAIS IN THE DARK』 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

20176/21

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Cera / Caccamo』

色の見え方は瞳の色で違うのだろうか。 ジョバンニの写真はどれもが、日本人の仕上げ方とは違うように思う。 このブルーとピンクの絶妙な色彩は…

20176/20

日本とイタリアの架け橋になりたい。 / Giovanni Piliarvu

日本とイタリアの架け橋になりたいと語るジョバンニ。 現在、イタリアの生まれ島サルデーニャで、日本をテーマにした個展を開催している。そしてI…

20176/25

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念

生まれた場所が大気の流れや潮のみちひなど、ダイナミックな自然に囲まれていた。そうした巨大な力は、神が起こすものだと教わって育ちました。大人に…

20176/18

現在最高レベルのオリジナルプリント / Giovanni Piliarvu

今展では A2サイズを中心に展示していますが、ここに写っている4点は A1サイズという割りと大きなプリントをしました。A2以上の作品になると…

20176/23

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Timo / Ulassai』

ジョバンニの生まれ島であるサルデーニャの絶景。イタリアでも屈指の美しい島だと言う。目の前の風景とじっくり対話をしながら、そして一瞬の煌めきを…

ページ上部へ戻る