2022.09.12

平山 孝一 写真展『TIMELESS』 / CO-CO PHOTO SALON

EXHIBITION, NEXT EXHIBITION

10 月 19 日[水]から東銀座のCO-CO PHOTO SALONにて、写真家 平山孝一さんの初個展を開催いたします。
平山さんは2019年10月開催の三人展で都市風景と光跡を活かした独自の作風で人気を呼び、その後は企画展で作品発表をしていただいてきました。
本展では平山さんが長くこだわって撮影に挑んできた都会の夜景と三浦半島の海辺、ふたつのテーマをメインにして全20点の作品を展示販売いたします。

***

東京・横浜などの「夜景」と湘南・三浦半島の「海辺」のシーンをテーマに、人気エリアやマニアックでフォトジェニックな景色を約10 年間に渡り撮り続けて参りました。
身近なロケーションであるからこそ探求し得る、構図や天候を含めた撮影環境の選択に励みました。
本展では、時を超えて後世に伝えたい「Timeless」(タイムレス)な作品を厳選しています。
これまで培ってきた撮影方法と独自の色彩表現により実現した全20 作品を、是非会場にてお楽しみください。 / 平山 孝一

***

平山 孝一 写真展 『TIMELESS』
会  期 2022 年 10 月 19 日 ( 水 )-10 月 27 日 ( 木 ) 11:00-18:30
     入場無料 10 月 23 日 ( 日 ) 休廊 ( 最終日 17:00 まで )
会  場 CO-CO PHOTO SALON
     東京都中央区銀座 3-11-14 ルート銀座ビル 4F
     Phone / 03-3542-7110
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity
主  催 Island Gallery

※写真展に関するお問い合わせはIsland Galleryへお願いいたします。

作家在廊予定

19日[水]11:00-18:30
21日[金]11:00-18:30
22日[土]11:00-18:30
26日[水]11:00-18:30
27日[木]11:00-17:00


平山孝一 / KOUICHI HIRAYAMA

神奈川県横浜市出身。車の光跡と建築物における都市景観の撮影を得意とする創作写真家。
2011年から東京・横浜を拠点に夜景写真を撮り始め、2013~2014年には東京都の高速道路が交わる全てのジャンクションと国道246号線の撮影を完遂し、2016年から国際写真コンテストへ参加。主な受賞暦として、代表作のFuture Traffic(フューチャートラフィック)にて、MIFA(モスクワインターナショナルフォトアワード)2016の建築部門総合で1位、IPA(インターナショナルフォトグラフィーアワード)2018では建築・都市景観部門で1位を受賞し、海外へ作品を発信している。

週末は一変して都心を離れ、関東近郊の「海」や「ヤシの木」など、マリンテイストな作品の撮影に励む一面があり、夜景の限られた色彩とは180度異なる多彩な色彩表現が特徴である。
2015~2017年には、イタリア・ミラノのファッションブランド Vintage55(ヴィンテージ55)のウェブサイトにてイメージ写真を担当。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。