アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20149/17

田中長徳さんのブログ「PEN PEN チョートクカメラ日記」のご紹介

こんにちは。Island Gallery店長のさおりです。田中長徳写真展『ライカと共に、世界の果てへ / WIEN1973』大変好評となっております。写真展の開催にちなんでチョートクさんの大人気ブログ「PEN PEN チョートクカメラ日記」にて「ウイーン 記憶の街」というシリーズで連日作品が紹介されています。作品の裏エピソードや撮影時の想いが綴られていますので、こちらをご覧になってからIsland Galleryへいらしていただくとより作品をお楽しみいただけると思います。残り4日間の開催です。皆さまのお越しをお待ちしております。

【「PEN PEN チョートクカメラ日記」より一部抜粋】
京橋のアイランドギャラリーで個展を開催中なのでそれに関連してウイーンの画像をアップする。

このシリーズはウイーンにくらした七年半の最初の年にコダクロームで撮影したものだ。

そのシリーズは100本分はあったのだが、ほとんどが失われて、これはスライドファイルに格納された三百点弱が偶然に発見されたのだ。まず四十年前のことであるから、発見されただけでもお手柄である。

  • 田中長徳さんのブログ「PEN PEN チョートクカメラ日記」のご紹介 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

20176/20

日本とイタリアの架け橋になりたい。 / Giovanni Piliarvu

日本とイタリアの架け橋になりたいと語るジョバンニ。 現在、イタリアの生まれ島サルデーニャで、日本をテーマにした個展を開催している。そしてI…

20176/18

現在最高レベルのオリジナルプリント / Giovanni Piliarvu

今展では A2サイズを中心に展示していますが、ここに写っている4点は A1サイズという割りと大きなプリントをしました。A2以上の作品になると…

20176/17

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Bergamotto / Scicli』

今回の写真展は『Isole』イタリアの島々がテーマだ。そしてこれは現時点での一番人気作品となっている『Bergamotto / Scicli…

20176/20

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念

生まれた場所が大気の流れや潮のみちひなど、ダイナミックな自然に囲まれていた。そうした巨大な力は、神が起こすものだと教わって育ちました。大人に…

Giovanni Piliarvu 写真展 Isole

遠い島、古い島。島の風はいにしえの話を語って、岩肌を刻んで波を動かす。 シチリアとサルデーニャの静かな物語が風景の上に舞い降りると、 …

ページ上部へ戻る