アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201411/3

名嘉睦稔木版画展 / 作品紹介「緑門通過」

緑門通過こんにちは。Island Gallery店長のさおりです。「文化の日」いかがお過ごしでしょうか。Island Galleryでは名嘉睦稔木版画展「こころに渡る風 南島の風景」を開催しています。アート鑑賞にぜひお立ち寄りください。

展示作品より私のオススメ作品のご紹介です。特に人気の高い「緑門(りょくもん)」を描いた2012年制作の作品『緑門通過』です。私はボクネンさんの生まれ島・伊是名へ行ってこんな風景を見つけては、つい「ボクネンさんの絵の世界みたい!」とはしゃいでしまいます。この作品でも印象的な「光と影のコントラスト」についてお話している素敵なインタビューをご紹介します。

伊是名という集落に、たぶん日本一だろうけど、ということは日本一だと思うけど、いいデイゴの木がある。このデイゴの木の下から西を向いた所にフクギのトンネルがあって、その暗がりの向こうに強烈な光が見えるんだよね。

僕は結構無意識のうちに、光と影のコントラストが強烈な絵を描いてしまう。特別に意識しているわけじゃないけど、もしかしたら、あの風景の記憶が、一つの要因になっているかもしれない。

それはとてもきれいな景色で、原初的、根本的な感じもある。基本的に、誰が見てもすごく満足する景色だと思うよ。そう考えると牛もあの下ではすごくくつろいでいたような感じがするな。強い日光というのは生き物を殺さんばかりだからね。そうすると、岩の陰であるとか、木の陰であるとか、暗がりというのはある意味、生命を保証するようなものだから。
名嘉睦稔 (雑誌インタビューより一部抜粋) 

+名嘉睦稔木版画展 / こころに渡る風 南島の風景 11月1日[土]-16日[日]

▶名嘉睦稔オンラインギャラリー
Online Gallery BOKUNEN NAKA

 
▶2015年名嘉睦稔木版画カレンダー
2015年 名嘉睦稔木版画カレンダー

  • 名嘉睦稔木版画展 / 作品紹介「緑門通過」 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

20182/7

プレミアムトーク / 宮沢和史 詩写真展『琉宮百景~光』

宮沢和史氏のプレミアムトークが先日開催されました。ご参加されたみなさま、ありがとうございました。1時間があっという間に感じられたのではないで…

安斉紗織 彩色写真画展『 百花繚乱』

美しさ、和らぎ、祝福を与えてくれる花々。 ひとりひとり、一つ一つ、花開き、 羽ばたいてゆけますように、 想いをこめて絵筆を取りました。 安…

20181/27

ギャラリースタッフ募集(画廊求人) / Island Gallery

Island Galleryで一緒に働いてみませんか? アート・写真が好きで、新しい可能性にチャレンジしたい方のご応募をお待ちしています。…

栗田ゆが 写真展『Sea Change』

一瞬を撮ることはできても永遠を撮ることはできない。ならば、せめて一晩だけでもよいから写真に残したい。 そう思って海に来た。やがて夜が明け日…

20181/23

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景~光 十四』

展示作品よりご紹介いたします。 ~琉歌~ 君の肩を抱く 雨傘になろう 命朽ちようと 風を受けむ   ~よみがな~ きみのかた…

ページ上部へ戻る