アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201411/3

名嘉睦稔木版画展 / 作品紹介「緑門通過」

緑門通過こんにちは。Island Gallery店長のさおりです。「文化の日」いかがお過ごしでしょうか。Island Galleryでは名嘉睦稔木版画展「こころに渡る風 南島の風景」を開催しています。アート鑑賞にぜひお立ち寄りください。

展示作品より私のオススメ作品のご紹介です。特に人気の高い「緑門(りょくもん)」を描いた2012年制作の作品『緑門通過』です。私はボクネンさんの生まれ島・伊是名へ行ってこんな風景を見つけては、つい「ボクネンさんの絵の世界みたい!」とはしゃいでしまいます。この作品でも印象的な「光と影のコントラスト」についてお話している素敵なインタビューをご紹介します。

伊是名という集落に、たぶん日本一だろうけど、ということは日本一だと思うけど、いいデイゴの木がある。このデイゴの木の下から西を向いた所にフクギのトンネルがあって、その暗がりの向こうに強烈な光が見えるんだよね。

僕は結構無意識のうちに、光と影のコントラストが強烈な絵を描いてしまう。特別に意識しているわけじゃないけど、もしかしたら、あの風景の記憶が、一つの要因になっているかもしれない。

それはとてもきれいな景色で、原初的、根本的な感じもある。基本的に、誰が見てもすごく満足する景色だと思うよ。そう考えると牛もあの下ではすごくくつろいでいたような感じがするな。強い日光というのは生き物を殺さんばかりだからね。そうすると、岩の陰であるとか、木の陰であるとか、暗がりというのはある意味、生命を保証するようなものだから。
名嘉睦稔 (雑誌インタビューより一部抜粋) 

+名嘉睦稔木版画展 / こころに渡る風 南島の風景 11月1日[土]-16日[日]

▶名嘉睦稔オンラインギャラリー
Online Gallery BOKUNEN NAKA

 
▶2015年名嘉睦稔木版画カレンダー
2015年 名嘉睦稔木版画カレンダー

  • 名嘉睦稔木版画展 / 作品紹介「緑門通過」 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

20186/11

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『 Vegliando_Palau 』

こんにちは。Island Galleryスタッフのりえです。東京は雨模様ですが、道端の紫陽花がきれいな季節となりました。さて、只今、Giov…

20186/15

ただいまIsland Galleryに在廊中 / Giovanni Piliarvu

日本に来て12年。日常はイタリア語の先生をしながら、写真家としても精力的に活動している。過去2回の個展では、イタリアを中心にヨーロッパの美し…

斎藤朱門 写真展『流転する風景 / PROTEAN WORLD』

『I believe the world is incomprehensibly beautiful - an endless pros…

20186/12

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Arrossend_Amaharashi』

こんにちは。Island Galleryスタッフの麻衣です。 現在好評開催中のGiovanni Piliarvu 写真展『Fluire…

藪崎次郎 写真展『1/f Signals』

時に天から雨となり、優しく大地へ降り注ぐ。 時に湧き出で滝となり、優雅に谷を駆け下りる。 時に緩やに渓となり、静かに海へ満ち伝う。 時…

ページ上部へ戻る