アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20152/13

作品紹介 / 坂崎幸之助『ハスの光と影』

可憐なハスの蕾も、足元を見れば泥まみれの沼地。華やかに見えるステージの舞台裏も泥とまでは言わないまでも、それほど美しい風景ばかりではないのです。

40年目の旅
デビューして40年が経ちました。偉くはないのですが、エラいことです。
「○○歳まで音楽をやろうね」なんて言って始めたわけではないのだが、気が付いたらこんなに時が経っていました。公演回数も2,500を数え、後は正に3人のカラダとココロの続く限り、と言ったところでしょうか。ここまで来れた運命と、支えてくれた皆様に感謝の言葉しかありません。

JPCO Gallery Spring 2015 / 日本の写真文化を海外へ
会  期 / 2月11日[水・祝]-22日[日] open 11:00-19:00 ※最終日は16:00まで
会  場 / SUBWAY GALLERY M / みなとみらい駅構内改札口より徒歩1分
主  催 / NPO法人 日本の写真文化を海外へプロジェクト
企画運営 / Island Gallery
協  賛 / マルマン株式会社 Canson Infinity

関連記事

コメントは利用できません。

Giovanni Piliarvu 写真展 Isole

遠い島、古い島。島の風はいにしえの話を語って、岩肌を刻んで波を動かす。 シチリアとサルデーニャの静かな物語が風景の上に舞い降りると、 …

20175/17

作品紹介 / 坂崎幸之助『産まれた時から』

Twitterではお知らせしましたが、すでに完売作品が2点あります。 『人生50年なんて 昔の話。こちとらギター人生50年』と『小さなオー…

20175/19

作品紹介 / 坂崎幸之助『いつも傍らで』

今回ご紹介するのは『いつも傍らで聞いてくれた 綺麗な胸の少女の面影』です。元野良猫ちゃんとギター、もう坂崎さんのファンにとってはたまらない組…

20175/22

坂崎幸之助さん、ご来廊の巻!

毎回恒例の落書きですが、スケジュール的に今回ばかりは無理かと思われましたが、なんと本日福岡ツアーの帰りに、閉店後のIsland Galler…

坂崎幸之助書写真展 / 50年目のギター

中学入学と同時に、それまで貯めていた小遣いを握りしめて銀座のYAMAHAに向かった。初めての僕のギターを手に入れるために。それまでにも何とな…

ページ上部へ戻る