アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20159/8

作品紹介 / 安斉紗織『Mana 奇蹟よ起これ』

安斉紗織 花押さて本日5日目を迎えた『安斉紗織 彩色写真展 マナ紬ぎ』ディスプレイでは確認しづらいかもしれませんが、アンダー気味のモノクロームに現像された微細なマチエールが、彩色されることによって一層際立っています。

そしてトークライブでも話をしましたが、安斉紗織の作品には通常のサインではなく、花押が記されています。花押について詳しくはこちらでググッていただければと思いますが、歴史上、女性で花押を用いた人も少ないようです。さて右の画像が安斉紗織の花押ですが、デザインも自身で行っています。『紗織』の漢字に糸へんが二つ使われていますので、それを元にデザインしたそうです。もしかしたらもっと深い意味も込められているかもしれません。ぜひオリジナル作品をご覧になってください。

  • 作品紹介 / 安斉紗織『Mana 奇蹟よ起これ』 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

20196/17

作品紹介 / 柴田 祥『 地吹雪 』

こんにちは。仁です。 現在Island Galleryでは、柴田 祥氏の写真集出版記念として『津軽再考(再構)』が好評開催中です。 …

20196/18

作品紹介 / 柴田 祥『 黄昏 』

こんにちは。店長の麻衣です。 好評開催中の柴田祥写真展『津軽再考(再構)』から、今日は私が特に好きな作品を紹介させていただきます。 …

藪崎次郎 写真展 -f-

feel, fine, fantastic, freedom, and forever. 時に幻想的で雅。時に現実的で厳。 未来永劫つづ…

柴田 祥 写真展 / 津軽再考(再構)

この度、2019年5月に写真集「津軽再考」が出版となりました。 出版を記念しまして柴田祥写真展「津軽再考(再構)」を開催いたします。 2…

Giovanni Piliarvu 写真展『Vette 頂』

山は魅力的な存在である。 そびえ、守り、圧倒的である。 雄大であり、季節、時間ごとに姿を変える。 安息の場を与えるが厳しく冷酷である。…

ページ上部へ戻る