アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20159/24

作品紹介 / 田中長徳『トライベッカ1983』

▼PHOTOMENTARY チョートクカメラ日記より転載
トライベッカの30年以上前の写真である。
説明すればトライアングルびろうキャナルストリートというわけだ。チャイナタウンのキャナルストリートは有名だがそこの西側から南にかけての地域はまだ工場とかトラックのセンターであった。このショットなどはウイークデーの午前中に撮ったのだが、誰もいない無人地帯である。その数年後にコマーシャルの仕事で三角形の形をしたウイスキーの瓶をこの界隈のバーで撮影した。そのBARのカウンターの形がやはり楔状なのでその楔状の先端にウイスキーの瓶を置いた。
このショットはトライベッカがまだ目覚める前の貴重な写真である。8×10のモノクロのネガをシグマのデジタルカメラでスキャンしたものだが非常にシャープである。ルーペで細かく観察するとクラシックなガソリンスタンドのロゴとかコカコーラの看板が見える。それで思い出したのは戦前に撮影されたウォーカーエバンスの名作のアメリカのカントリーサイドの写真である。まさにそのまんまおんなじ風景なのだ。エバンスは大写真家であるが同時にちょっとファナティックなところがあって、彼の仕事場には自分が撮影したカントリーサイドの巨大なコカコーラの看板が飾ってあった。そういうエバンスが私は好きである。
カメラでアドルフ8×10。レンズはコマーシャルエクタ12インチ。

田中長徳写真展『New York 1983 / 8×10』
会  期 9月19日[土]-10月2日[金] open 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
入場無料 会期中無休
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity

  • 作品紹介 / 田中長徳『トライベッカ1983』 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

20174/18

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 九景』

やはり琉歌と写真の組み合わせだからなのでしょうか。みなさまの滞在時間がとても長いのが今展の特徴です。ひとつひとつの作品に向き合い、琉歌をじっ…

坂崎幸之助書写真展 / 50年目のギター

中学入学と同時に、それまで貯めていた小遣いを握りしめて銀座のYAMAHAに向かった。初めての僕のギターを手に入れるために。それまでにも何とな…

20174/16

宮沢和史さんとIslandGalleryスタッフ

昨日土曜日の閉店間際に、宮沢和史さんが来廊しました。 ご自身の作品をじっくりご覧になりながら、スタッフにレクチャーしてくれました。 そし…

20174/14

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 三景』

本日初日の『宮沢和史詩写真展 琉宮百景』は大盛況です。朝から途絶えること無く、多くの方にご来廊頂きました。さて、その中でも一番人気の作品『琉…

20174/20

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 二十四景』

あまりたくさんの作品紹介をしてしまうと、来廊してくれた人の楽しみが半減するといけませんので、これで最後にいたします。 さて、来廊してくださ…

ページ上部へ戻る