アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20159/24

作品紹介 / 田中長徳『トライベッカ1983』

▼PHOTOMENTARY チョートクカメラ日記より転載
トライベッカの30年以上前の写真である。
説明すればトライアングルびろうキャナルストリートというわけだ。チャイナタウンのキャナルストリートは有名だがそこの西側から南にかけての地域はまだ工場とかトラックのセンターであった。このショットなどはウイークデーの午前中に撮ったのだが、誰もいない無人地帯である。その数年後にコマーシャルの仕事で三角形の形をしたウイスキーの瓶をこの界隈のバーで撮影した。そのBARのカウンターの形がやはり楔状なのでその楔状の先端にウイスキーの瓶を置いた。
このショットはトライベッカがまだ目覚める前の貴重な写真である。8×10のモノクロのネガをシグマのデジタルカメラでスキャンしたものだが非常にシャープである。ルーペで細かく観察するとクラシックなガソリンスタンドのロゴとかコカコーラの看板が見える。それで思い出したのは戦前に撮影されたウォーカーエバンスの名作のアメリカのカントリーサイドの写真である。まさにそのまんまおんなじ風景なのだ。エバンスは大写真家であるが同時にちょっとファナティックなところがあって、彼の仕事場には自分が撮影したカントリーサイドの巨大なコカコーラの看板が飾ってあった。そういうエバンスが私は好きである。
カメラでアドルフ8×10。レンズはコマーシャルエクタ12インチ。

田中長徳写真展『New York 1983 / 8×10』
会  期 9月19日[土]-10月2日[金] open 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
入場無料 会期中無休
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity

  • 作品紹介 / 田中長徳『トライベッカ1983』 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

20175/19

作品紹介 / 坂崎幸之助『いつも傍らで』

今回ご紹介するのは『いつも傍らで聞いてくれた 綺麗な胸の少女の面影』です。元野良猫ちゃんとギター、もう坂崎さんのファンにとってはたまらない組…

20175/22

坂崎幸之助さん、ご来廊の巻!

毎回恒例の落書きですが、スケジュール的に今回ばかりは無理かと思われましたが、なんと本日福岡ツアーの帰りに、閉店後のIsland Galler…

20175/17

作品紹介 / 坂崎幸之助『生まれた時から』

Twitterではお知らせしましたが、すでに完売作品が2点あります。 『人生50年なんて 昔の話。こちとらギター人生50年』と『小さなオー…

安斉紗織 彩色写真画展『さくら』

心はなぜ桜に魅せられるのだろう。世代を超えて、受け継がれ、大切にされてきた桜への想いが、これからも続いてゆきますように。万葉のころに想いをは…

20175/18

作品紹介 / 坂崎幸之助『身長139cm』

今日の東京は大荒れのお天気ですが、Island Galleryは賑やかです。 今週末から来週にかけては、更に賑やかになりそうです。 …

ページ上部へ戻る