アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20165/18

作品紹介 / 坂崎幸之助『誰もが自分の人生の主人公』

書と写真を組み合わせたスタイルで、毎回50点以上の作品を発表し続け、今回で10回目を数えるので、およそ500点を超える作品数を生み出したことになる。なんでも続けるというのは大変なことだけど、それを悠々とこなしてしまうのが本当に素晴らしいですね。

さて今回ご紹介する作品は、おそらくファンの方からの贈り物であろう真っ赤なバラの花束なのですが、真ん中に一輪ある白っぽいバラは、実際には周りと同じ赤いバラです。撮影時に坂崎さんがわざわざ光を当てて撮ったのか、たまたまそこにだけ光が差し込んでいるのを見つけて撮ったのかは不明ですが、それがとても印象的でしたので、光を意識してモノクロに現像しました。すると、それに付いてきた言葉が、また流石と唸るばかりなのです。 / Hideo Ishijima

作品紹介 / 坂崎幸之助『誰もが自分の人生の主人公』
坂崎幸之助オンラインギャラリー | 誰もが自分の人生の主人公

坂崎幸之助書写真展 / 僕のモノクローム 静寂の音
SubTheme 気配

会  期 5月17日[火]-30日[月] open 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity
     フランス菓子 エリティエ


プレミアムトークのお知らせ
作品を5万円以上ご購入いただいた方の中から抽選で50名様を、プレミアムトークイベントにご招待いたします。

日 時 2016年7月16日[土] 15:00 Start
会 場 Island Gallery

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • しょしょ
    • 2016年 5月 18日

    こちらの作品、本当にファンの方からの贈り物を撮ったのでしょうか?
    もしそうなら、ちょっと購入を躊躇してしまいます。

      • Island Gallery
      • 2016年 5月 18日

      この文面にもあるように、私イシジマの勝手な憶測です。
      特に重要事項ではなかったので、坂崎さんには確認をとっていません。
      配慮にかけた書き方をしてしまいました。

コメントは利用できません。

Giovanni Piliarvu 写真展『Vette 頂』

山は魅力的な存在である。 そびえ、守り、圧倒的である。 雄大であり、季節、時間ごとに姿を変える。 安息の場を与えるが厳しく冷酷である。…

20196/20

作品紹介 / 柴田 祥『カタルシス』

長く取り組んできて、ついに形として残せることにカタルシスを感じるも、浄化を経て表れた色は黒。 / 柴田 祥 作品に添えられたキャプショ…

藪崎次郎 写真展 -f-

feel, fine, fantastic, freedom, and forever. 時に幻想的で雅。時に現実的で厳。 未来永劫つづ…

柴田 祥 写真展 / 津軽再考(再構)

この度、2019年5月に写真集「津軽再考」が出版となりました。 出版を記念しまして柴田祥写真展「津軽再考(再構)」を開催いたします。 2…

20196/17

作品紹介 / 柴田 祥『 地吹雪 』

こんにちは。仁です。 現在Island Galleryでは、柴田 祥氏の写真集出版記念として『津軽再考(再構)』が好評開催中です。 …

ページ上部へ戻る