アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20166/21

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Pianissimo』

トスカーナ地方のオルチャ渓谷。
静かに移りゆく雲間からこぼれた光を収めた美しい作品だ。

タイトルの『Pianissimo』は音楽用語で『Very Soft』の意味。若いころ音楽家を目指していた時期もあるという Giovanniの作品には、どこか音楽的な雰囲気があるのはそのせいなのだろう。 / Hideo Ishijima

本日は14時から作家は在廊しています。

Giovanni Piliarvu 写真展 Luce d`italia
会  期 6月17日[金]-26日[日] open 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1
     phone / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity
     フランス菓子 エリティエ
     EIZO株式会社

※作家在廊日はこちらの営業日カレンダーを参照してください。

関連記事

コメントは利用できません。

20174/15

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 二十景』

日本では最大級の蝶であるオオゴマダラが、二羽で寄り添うように舞っている。 そんな情景から、以下の琉歌が詠まれました。 三十景の琉歌のうち…

宮沢和史 詩写真展『琉宮百景』~りゅうぐうひゃっけい~

元THE BOOMのボーカリスト、宮沢和史氏の初個展が開催されます。 沖縄を中心とする琉球弧を旅し 様々な風景の中を歩いていると …

坂崎幸之助書写真展 / 50年目のギター

中学入学と同時に、それまで貯めていた小遣いを握りしめて銀座のYAMAHAに向かった。初めての僕のギターを手に入れるために。それまでにも何とな…

20174/18

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 九景』

やはり琉歌と写真の組み合わせだからなのでしょうか。みなさまの滞在時間がとても長いのが今展の特徴です。ひとつひとつの作品に向き合い、琉歌をじっ…

20174/14

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 三景』

本日初日の『宮沢和史詩写真展 琉宮百景』は大盛況です。朝から途絶えること無く、多くの方にご来廊頂きました。さて、その中でも一番人気の作品『琉…

ページ上部へ戻る