アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201610/4

作品紹介 / 柴田祥『雪煙り』

今展は、津軽鉄道の四季をドキュメンタリー的なアプローチで展示構成されている。そして一般的には春夏秋冬なので、春からスタートするのがしっくりきそうだが、祥さんがチョイスしたスタートは冬だ。暑い土地は暑いときが美しいし、寒い土地は寒いときが美しい。そして津軽はやはり冬が美しいのだろう。ただし住んでいる人にとってはどちらも厄介だ。春か秋が過ごしやすいに決まっている。祥さんも言っていたが、吹雪は写真を撮りに行くときだけにしてほしいと・・・。 / Hideo Ishijima

柴田 祥 写真展『津鉄』
会  期 10月1日[土]-10日[月・祝] 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1
     phone / 03-3517-2125
協  力 津軽鉄道株式会社
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity
     フランス菓子 エリティエ
     EIZO株式会社

※作家在廊日 / 10月1日(土)・2日(日)・8日(土)・9日(日)・10日(月)

関連記事

コメントは利用できません。

坂崎幸之助書写真展 / 50年目のギター

中学入学と同時に、それまで貯めていた小遣いを握りしめて銀座のYAMAHAに向かった。初めての僕のギターを手に入れるために。それまでにも何とな…

20174/18

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 九景』

やはり琉歌と写真の組み合わせだからなのでしょうか。みなさまの滞在時間がとても長いのが今展の特徴です。ひとつひとつの作品に向き合い、琉歌をじっ…

宮沢和史 詩写真展『琉宮百景』~りゅうぐうひゃっけい~

元THE BOOMのボーカリスト、宮沢和史氏の初個展が開催されます。 沖縄を中心とする琉球弧を旅し 様々な風景の中を歩いていると …

20174/15

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 二十景』

日本では最大級の蝶であるオオゴマダラが、二羽で寄り添うように舞っている。 そんな情景から、以下の琉歌が詠まれました。 三十景の琉歌のうち…

20174/16

宮沢和史さんとIslandGalleryスタッフ

昨日土曜日の閉店間際に、宮沢和史さんが来廊しました。 ご自身の作品をじっくりご覧になりながら、スタッフにレクチャーしてくれました。 そし…

ページ上部へ戻る