アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201611/5

作品紹介 / 名嘉睦稔『白米千枚田の早朝』

今や石川県輪島の千枚田は全国区で有名になっている。みなさまも一度は行ってみたい場所のひとつではないだろうか。残念ながら私はまだ行ったことがないが、多くの素敵な写真を見て知っている。さて、そのリアルな写真と比べて、この裏手彩色木版画はどうだろうか。とっても簡略化された墨部分の木版画に、色数の少ないブルーの組み合わせで、なんとも幻想的な光景を描き出している。限りなく単純化することによって、脳は更に足りない部分の補完の度合いを強めていく。

さていよいよ今日16時から作家来廊サイン会がありましす。沖縄からボクネンさんがやってきますよ。私はこれから羽田にお迎えに行ってまいります。 / Hideo Ishijima


▶名嘉睦稔木版画 | 白米千枚田の早朝 (この作品は、こちらから作品の購入が出来ます。)

▶BOKUNEN Online Gallery

名嘉睦稔木版画展 日本彩景
会  期 2016年10月28日(金)-11月6日(日) 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1
     phone / 03-3517-2125
協  賛 フランス菓子 エリティエ


作家来廊サイン会
11月5日 16:00-18:30
11月6日 13:00-15:00 / 16:00-18:00
サインの対象は、オリジナル木版画とカレンダーの 大サイズと中サイズのみとなります。

  • 作品紹介 / 名嘉睦稔『白米千枚田の早朝』 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

Giovanni Piliarvu 写真展 Isole

遠い島、古い島。島の風はいにしえの話を語って、岩肌を刻んで波を動かす。 シチリアとサルデーニャの静かな物語が風景の上に舞い降りると、 …

20176/17

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Bergamotto / Scicli』

今回の写真展は『Isole』イタリアの島々がテーマだ。そしてこれは現時点での一番人気作品となっている『Bergamotto / Scicli…

20176/20

日本とイタリアの架け橋になりたい。 / Giovanni Piliarvu

日本とイタリアの架け橋になりたいと語るジョバンニ。 現在、イタリアの生まれ島サルデーニャで、日本をテーマにした個展を開催している。そしてI…

20176/20

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念

生まれた場所が大気の流れや潮のみちひなど、ダイナミックな自然に囲まれていた。そうした巨大な力は、神が起こすものだと教わって育ちました。大人に…

20176/18

現在最高レベルのオリジナルプリント / Giovanni Piliarvu

今展では A2サイズを中心に展示していますが、ここに写っている4点は A1サイズという割りと大きなプリントをしました。A2以上の作品になると…

ページ上部へ戻る