アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201611/13

作品紹介 / 大塩貴文『狭間』

『小鳥グラファー』としてイメージが確立された大塩貴文だが、今展では新たな取り組みをしている。この作品のようなネイチャー系の作品が展示の半分を占めているのだ。
日頃150-600mmの大砲レンズと三脚を携え、こんな素敵な森で小鳥を探して歩いていたのだというのがうかがい知れる。
それにしてもこの『狭間』の質感が素晴らしい。霧が少し残る森を早朝の柔らかな光が、倒木を美しく照らし出している様子を絶妙に写し撮られている。
これからは小鳥グラファーとしてだけではなく、ネイチャー写真家としても大いに期待が高まります。 / Hideo Ishijima

大塩貴文 写真展 / 聴こえてくる声
会  期 2016年11月11日[金]-20日[日] 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1
     phone / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity
     フランス菓子 エリティエ
     EIZO株式会社

関連記事

コメントは利用できません。

安斉紗織 彩色写真画展『 百花繚乱』

美しさ、和らぎ、祝福を与えてくれる花々。 ひとりひとり、一つ一つ、花開き、 羽ばたいてゆけますように、 想いをこめて絵筆を取りました。 安…

20181/23

宮沢和史さんご来廊の巻

本日、夕方に宮沢和史さんが来廊しました。額装された自身の作品を見るのは初めてなので、ひとつひとつを入念に鑑賞されていました。写真と琉歌(書)…

20181/27

ギャラリースタッフ募集(画廊求人) / Island Gallery

Island Galleryで一緒に働いてみませんか? アート・写真が好きで、新しい可能性にチャレンジしたい方のご応募をお待ちしています。…

20181/26

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景~光 二十七』

展示作品よりご紹介いたします。 ~琉歌~ いづれ視野は暮れ 滅びゆく世界 君の声だけが 闇の手引き   ~よみがな~ いづれ…

20181/23

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景~光 十四』

展示作品よりご紹介いたします。 ~琉歌~ 君の肩を抱く 雨傘になろう 命朽ちようと 風を受けむ   ~よみがな~ きみのかた…

ページ上部へ戻る