アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201611/13

作品紹介 / 大塩貴文『狭間』

『小鳥グラファー』としてイメージが確立された大塩貴文だが、今展では新たな取り組みをしている。この作品のようなネイチャー系の作品が展示の半分を占めているのだ。
日頃150-600mmの大砲レンズと三脚を携え、こんな素敵な森で小鳥を探して歩いていたのだというのがうかがい知れる。
それにしてもこの『狭間』の質感が素晴らしい。霧が少し残る森を早朝の柔らかな光が、倒木を美しく照らし出している様子を絶妙に写し撮られている。
これからは小鳥グラファーとしてだけではなく、ネイチャー写真家としても大いに期待が高まります。 / Hideo Ishijima

大塩貴文 写真展 / 聴こえてくる声
会  期 2016年11月11日[金]-20日[日] 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1
     phone / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity
     フランス菓子 エリティエ
     EIZO株式会社

関連記事

コメントは利用できません。

20185/21

作品紹介 / 坂崎幸之助『ここが僕の街』

まるでアニメ映画のワンシーンを彷彿させるような一枚。タイトルの通り、新宿の高層ビル群を望む坂崎邸からのカットだそうです。ゆるやかでやさしい風…

藪崎次郎 写真展『1/f Signals』

時に天から雨となり、優しく大地へ降り注ぐ。 時に湧き出で滝となり、優雅に谷を駆け下りる。 時に緩やに渓となり、静かに海へ満ち伝う。 時…

Giovanni Piliarvu 写真展『Fluire~時の流れ』

遠い異国の地に思いを巡らせる時 今いる国との大きな違いを思い浮かべる けれども自然と人間の関係は変わらない 自然から恩恵を受け一緒に生…

20185/22

作品紹介 / 坂崎幸之助『短く終わった恋』

ふわっとしたロマンチックでハイキーな仕上げに、添えられた書がなんとも切ないですね。もうそのまま歌の詩になりそうです。 / Hideo Ish…

坂崎幸之助書写真展 / ふわっと is this ~ハイキーな一日

フィルムで撮っていた時代の話しですが、露出オーバーのため出来上がった写真が真っ白にとんでしまうことがあった。当然これは意図的なものではなく単…

ページ上部へ戻る