アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201611/13

作品紹介 / 大塩貴文『狭間』

『小鳥グラファー』としてイメージが確立された大塩貴文だが、今展では新たな取り組みをしている。この作品のようなネイチャー系の作品が展示の半分を占めているのだ。
日頃150-600mmの大砲レンズと三脚を携え、こんな素敵な森で小鳥を探して歩いていたのだというのがうかがい知れる。
それにしてもこの『狭間』の質感が素晴らしい。霧が少し残る森を早朝の柔らかな光が、倒木を美しく照らし出している様子を絶妙に写し撮られている。
これからは小鳥グラファーとしてだけではなく、ネイチャー写真家としても大いに期待が高まります。 / Hideo Ishijima

大塩貴文 写真展 / 聴こえてくる声
会  期 2016年11月11日[金]-20日[日] 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1
     phone / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity
     フランス菓子 エリティエ
     EIZO株式会社

関連記事

コメントは利用できません。

坂崎幸之助書写真展 / 50年目のギター

中学入学と同時に、それまで貯めていた小遣いを握りしめて銀座のYAMAHAに向かった。初めての僕のギターを手に入れるために。それまでにも何とな…

20174/18

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 九景』

やはり琉歌と写真の組み合わせだからなのでしょうか。みなさまの滞在時間がとても長いのが今展の特徴です。ひとつひとつの作品に向き合い、琉歌をじっ…

20174/20

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 二十四景』

あまりたくさんの作品紹介をしてしまうと、来廊してくれた人の楽しみが半減するといけませんので、これで最後にいたします。 さて、来廊してくださ…

20174/16

宮沢和史さんとIslandGalleryスタッフ

昨日土曜日の閉店間際に、宮沢和史さんが来廊しました。 ご自身の作品をじっくりご覧になりながら、スタッフにレクチャーしてくれました。 そし…

宮沢和史 詩写真展『琉宮百景』~りゅうぐうひゃっけい~

元THE BOOMのボーカリスト、宮沢和史氏の初個展が開催されます。 沖縄を中心とする琉球弧を旅し 様々な風景の中を歩いていると …

ページ上部へ戻る