アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20176/8

作品紹介 / 安斉紗織『祝桜』

『彩色写真画』ってなんですか?
こんな疑問が寄せられている。

元々は明治時代にまだカラー写真が登場してなかった時に、モノクロ写真を鮮やかな色で彩色したのが始まりだ。それは横浜辺りで、外国人向けのポストカードやガイドブックなどに使われていたとのこと。今でも骨董として当時のモノが流通している。
実は以前に坂崎幸之助さんに、実物を見せていただいたことがある。結構なコレクターだったのだ。なんとも幅が広いコレクションだ。

さて安斉紗織の彩色写真画だが、これは明治時代のときのとは、ある意味、技法は同じだが、そもそもの生い立ちが異なる。現代はもちろんデジタル時代真っ只中だし、好むと好まざると、一部の特殊なデジタルカメラを除いてはカラーで撮影されることになる。よってモノクロに仕上げたいときは、ここから変換することになる。

カラー写真をモノクロに仕上げたいと思うのは、ある意味理解出来るが、安斉紗織は更にここから彩色をする必然性は何なのだろうか。
現代のカメラは、これでもかっと言うくらい高画質で撮影が出来るし、カラー情報も完璧に近いデータが得られる。あえてカラー情報をグレースケールに変換して、彩色する理由は如何に? つづく。 / Hideo Ishijima

安斉紗織 彩色写真画展『さくら』
会  期 2017年6月3日[土]-11日[日]
入場無料 会期中無休 / OPEN 11:00-19:00
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity


アフタヌーンティータイム
毎日 15:00-17:00

美味しいお飲物とスイーツをご用意しております。午後のひと時をゆったりとおしゃべりを楽しみながら、ご一緒できれば嬉しいです。みなさまのご来廊を心よりお待ちしております。

 

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

20184/10

作品紹介 / 名嘉睦稔『孵る一日(しでぃるいちにち)』

こんにちは。Island Gallery店長の理恵です。只今、3名の豪華なアーティストによる「Ryuka+Art / 琉歌とアートのコラボレ…

Giovanni Piliarvu 写真展『Fluire~時の流れ』

遠い異国の地に思いを巡らせる時 今いる国との大きな違いを思い浮かべる けれども自然と人間の関係は変わらない 自然から恩恵を受け一緒に生…

20184/14

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 十五』

私が敬愛する三人のアーティストにご参加いただいた『Ryuka+Art / 琉歌とアートのコラボレーション』ですが、今回はなぜこの三人だったの…

坂崎幸之助書写真展 / ふわっと is this ~ハイキーな一日

フィルムで撮っていた時代の話しですが、露出オーバーのため出来上がった写真が真っ白にとんでしまうことがあった。当然これは意図的なものではなく単…

藪崎次郎 写真展『1/f Signals』

時に天から雨となり、優しく大地へ降り注ぐ。 時に湧き出で滝となり、優雅に谷を駆け下りる。 時に緩やに渓となり、静かに海へ満ち伝う。 時…

ページ上部へ戻る