アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20179/3

作品紹介 / 山本高裕『夢幻』

日の出の時刻だったが、その気配はまったくなかった。厚い雲、濃い霧の向こうに、少しだけ光が見えた気がした。あれは太陽が僕に残したプレゼントだったか、それともまぼろしか。そういえば、このころから水が温かくなってきて、素足で波の中に立てるようになった。ささやかだけれど良い知らせ。 / 山本高裕


『空と海と僕と…』
私はこのタイトルに思わず反応した。それはエッジ好きだからだ。エッジとは境界線のことだ。例えば空と海、例えば陸と海。山本高裕の今回のテーマはズバリこのエッジにあると思う。水平線は空と海を分ける。そして陸はここで終わり、海はここから始まる。昼と夜などなど。

更に『空と海が溶け合う時間』。
これは私が一番惹かれている時間帯だ。

今回紹介するこのカットが私は特にお気に入りである。フィルターワークにより60秒間露光することで、瞬間であるはずの時間を永遠に閉じ込めているかのようだ。

さて、やはり作品についての解説は作家本人から聞くのが一番良い。幸いにも今展では作家が在廊する日が多い。なので、急遽以下の通り作家在廊日の14:00-17:00に『ギャラリートーク・ティータイム』を開催することになった。是非とも、オリジナルプリントの素晴らしさと、作品に纏わる話を作家自らの解説で聞いてください。 / Hideo Ishijima

山本高裕写真展 / 空と海と僕と…
会  期 2017年9月2日[土]-10日[日] open 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity
協  力 NiSi


作家在廊
9月2日(土)- 3日(日)
9月6日(水)-10日(日)

ギャラリートーク・ティータイム
作家在廊日の14:00-17:00は『ギャラリートーク・ティータイム』を開催します。午後のひとときを、ギャラリートークとティータイムで楽しみましょう。
参加自由 入場無料

関連記事

コメントは利用できません。

安斉紗織写真展『花花華華-HanaBana KaKa』

モノクロームの写真に手彩色を施す独自の技法『手彩色写真画』を追求している安斉紗織。過去五回の個展で着実にファンを獲得している、今話題の次世代…

[大阪] 宮沢和史詩写真展『Mi Buenos Aires Querido~我が愛しのブエノスアイレス~』

2018年11月に開催した『宮沢和史詩写真展~我が愛しのブエノスアイレス~』ですが、大阪でも開催が決定しました。 元THE BOOMの…

20191/11

彩色写真画家 安斉紗織と和ガラス

本日初日、彩色写真画家の安斉紗織が在廊しました。 3月に開催する個展のメインビジュアルとして、今回特別出品した新作の前で記念撮影。 …

悠々春待 ゆうゆうとはるをまつ / Island Gallery

息吹と鼓動を感じる命の棲家、郷愁抱く情緒ある異国風景、優しく切り取られた日常の一瞬。それぞれの感性から生まれたぬくもりを感じるアートフォトを…

20191/16

2019 Art Photography CALENDAR

アートフォト界のトップランナー 12人の写真家が綴る 珠玉の2019年カレンダー カレンダー仕様・特徴 壁掛け用の中綴じ…

ページ上部へ戻る