アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

201710/3

作品紹介 / 山本謙治『大根やぐらを建てる農家たち No.1』

こんにちは。Island Galleryスタッフの水絵です。開催中の山本謙治写真展『大根百景』は本日で4日目。漬物用大根の一大産地である宮崎県宮崎市田野町を舞台に、「大根やぐら」という風物をメインに捉えた作品群は、「大根」や「農業風景」といったものに抱いていた概念を覆されるような気迫を放っています。今回はその中から、私のお気に入りの作品を紹介させていただきます。

『大根やぐらを建てる農家たち No.1』は、収穫した大根を屋外で乾燥させるため農家の人たちが建造する「大根やぐら」に大根がかけられる前の様子を撮影した1枚。縦木には丸太を、横木には竹を組み合わせて作られた三角形の巨大なやぐらは、作家がトークで語った通り、宮崎の人には秋の農業風景としてあまりに見慣れたものかもしれません。けれどこの作品の中で、作家の新鮮な驚きに満ちた眼を通して観ると、それはとても不思議な風景になります。少し下からの視点も相まって、彫刻作品のようにも、大きな動物の骨格のようにも見えてくるようです。大胆にまるごとやぐらを収めた迫力の画面を、ぜひオリジナルプリントでご覧いただければと思います。

本日も17時から作家が在廊いたします。
皆様のご来廊、心からお待ちしております。

山本謙治写真展 / 大根百景
会  期 2017年9月30日[土]-10月9日[月]
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity


作家在廊日
13:00-17:00 9月30日(土)・10月1日(日)・7日(土)・8日(日)・9日(月祝)
17:00-19:00 10月2日(月)-6日(金)

  • 作品紹介 / 山本謙治『大根やぐらを建てる農家たち No.1』 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

20185/22

作品紹介 / 坂崎幸之助『短く終わった恋』

ふわっとしたロマンチックでハイキーな仕上げに、添えられた書がなんとも切ないですね。もうそのまま歌の詩になりそうです。 / Hideo Ish…

Giovanni Piliarvu 写真展『Fluire~時の流れ』

遠い異国の地に思いを巡らせる時 今いる国との大きな違いを思い浮かべる けれども自然と人間の関係は変わらない 自然から恩恵を受け一緒に生…

20185/21

作品紹介 / 坂崎幸之助『ここが僕の街』

まるでアニメ映画のワンシーンを彷彿させるような一枚。タイトルの通り、新宿の高層ビル群を望む坂崎邸からのカットだそうです。ゆるやかでやさしい風…

藪崎次郎 写真展『1/f Signals』

時に天から雨となり、優しく大地へ降り注ぐ。 時に湧き出で滝となり、優雅に谷を駆け下りる。 時に緩やに渓となり、静かに海へ満ち伝う。 時…

坂崎幸之助書写真展 / ふわっと is this ~ハイキーな一日

フィルムで撮っていた時代の話しですが、露出オーバーのため出来上がった写真が真っ白にとんでしまうことがあった。当然これは意図的なものではなく単…

ページ上部へ戻る