アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

山本謙治写真展 / 大根百景

 宮崎県宮崎市の田野町は、日本一の干し大根産地だ。一般的な青首大根とは違い、漬物にするための白首大根と呼ばれる細く長い大根を栽培し、太陽と山から吹き下ろす寒風で干していく。10 月中頃、長く育った大根を干すために突如として現れるのが、大根やぐらと呼ばれる巨大な建造物だ。高さ 6 メートル、長さは 100 メートルもあるやぐらに、農家が大根を人力で架けていく。ひとつのやぐらに多ければ 6 万本もの大根が干されるさまは、間近で観るとたじろぐほどの迫力である。驚いたことに、田野町全体で 200 基以上あるこの巨大なやぐらも、農家自身が建てているのだ。
 はじめて大根やぐらに出会ったときから僕は、宮崎にしか存在しない大根やぐらを巡る人の営みを写真に残したいと強く想ったのである。 / 山本謙治

▶PROFILE | KENJI YAMAMOTO 山本謙治

山本謙治写真展 / 大根百景
会  期 2017年9月30日[土]-10月9日[月]
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity


作家在廊日
13:00-17:00 9月30日(土)・10月1日(日)・7日(土)・8日(日)・9日(月祝)
17:00-19:00 10月2日(月)-6日(金)


トークライブ&オープニングレセプション
9月30日(土)
16:00 トークライブ
17:00 オープニングレセプション

参加自由 入場無料
差し入れ、持ち込み大歓迎!!

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

藪崎次郎 写真展『1/f Signals』

時に天から雨となり、優しく大地へ降り注ぐ。 時に湧き出で滝となり、優雅に谷を駆け下りる。 時に緩やに渓となり、静かに海へ満ち伝う。 時…

坂崎幸之助書写真展 / ふわっと is this ~ハイキーな一日

フィルムで撮っていた時代の話しですが、露出オーバーのため出来上がった写真が真っ白にとんでしまうことがあった。当然これは意図的なものではなく単…

20182/19

ギャラリースタッフ募集(画廊求人) / Island Gallery

Island Galleryで一緒に働いてみませんか? アート・写真が好きで、新しい可能性にチャレンジしたい方のご応募をお待ちしています。…

Giovanni Piliarvu 写真展『Fluire~時の流れ』

遠い異国の地に思いを巡らせる時 今いる国との大きな違いを思い浮かべる けれども自然と人間の関係は変わらない 自然から恩恵を受け一緒に生…

20185/21

作品紹介 / 坂崎幸之助『ここが僕の街』

まるでアニメ映画のワンシーンを彷彿させるような一枚。タイトルの通り、新宿の高層ビル群を望む坂崎邸からのカットだそうです。ゆるやかでやさしい風…

ページ上部へ戻る