アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20184/21

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 二十三』

こんにちは。Island Galleryスタッフの麻衣です。「Ryuka+Art / 琉歌とアートのコラボレーション」展も残すところあとわずかの会期となりました。本日は展覧会のなかで私の好きな作品のひとつである宮沢和史氏の琉宮百景『第二十三景』を紹介させていただきます。

一見すると主役としてはなかなか選ばれることの無いであろう植物が、ぽん、とひとつ存在感を放って、葉を茂らせています。

_琉歌_
ここにいることを 君に告げたくて
巡り会えるまで 命燃やす

どんな場所で咲くことになろうとも懸命に生きることで、いつか誰かの目に止まり、輝けるかもしれない。自分の存在意味を見出せるかもしれない。そんな人生の指南めいたものに気付かされるような作品です。まさにこの植物も、宮沢氏に見つけられたことで芸術として昇華されたのですから。

本日も19時までの営業となっております。ぜひ足をお運びくださいませ。

▼オンラインギャラリーへリンクしています。

Ryuka+Art / 琉歌とアートのコラボレーション
会  期 4月7日(土)-29日(日) / 水・木は休廊します。
入場無料 11:00-19:00
会  場 Island Gallery
東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity

  • 作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 二十三』 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

藪崎次郎 写真展『1/f Signals』

時に天から雨となり、優しく大地へ降り注ぐ。 時に湧き出で滝となり、優雅に谷を駆け下りる。 時に緩やに渓となり、静かに海へ満ち伝う。 時…

20182/19

ギャラリースタッフ募集(画廊求人) / Island Gallery

Island Galleryで一緒に働いてみませんか? アート・写真が好きで、新しい可能性にチャレンジしたい方のご応募をお待ちしています。…

20185/22

作品紹介 / 坂崎幸之助『短く終わった恋』

ふわっとしたロマンチックでハイキーな仕上げに、添えられた書がなんとも切ないですね。もうそのまま歌の詩になりそうです。 / Hideo Ish…

坂崎幸之助書写真展 / ふわっと is this ~ハイキーな一日

フィルムで撮っていた時代の話しですが、露出オーバーのため出来上がった写真が真っ白にとんでしまうことがあった。当然これは意図的なものではなく単…

Giovanni Piliarvu 写真展『Fluire~時の流れ』

遠い異国の地に思いを巡らせる時 今いる国との大きな違いを思い浮かべる けれども自然と人間の関係は変わらない 自然から恩恵を受け一緒に生…

ページ上部へ戻る